世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

Westend61/Getty Images

会社や家族、趣味のコミュニティなど、どんな場面でも一目置かれる人がいる。そんな人たちの共通点は、仕事でもプライベートでもさまざまな場面で「声がかかる人」であることだ。いつも必要とされる人になるためには、どのようなステップを踏めばいいのだろうか。

営業のプロフェッショナルである高橋浩一さんによれば、「声がかかる」には3つの段階があり、それぞれに3つずつのステップがあるという。今回は、そんな高橋さんの最新著書『なぜか声がかかる人の習慣』(日経BP 日本経済新聞出版)から、「声がかかる人」になるまでの道のりについて、一部抜粋して解説する。

「声がかかる」のには3段階ある


声がかかるのには、「誰(どこ)から声がかかるか」によって、3段階のステージがあります。
1. 自分の身近な人から声がかかる
2. 知人の知人から声がかかる
3. 世の中から声がかかる
いきなり世の中から声がかかるのは、極めてまれなことです。段階を経て、あなたの仕事のはばは徐々に広がっていきます。

1. 身近な人から声がかかる


最初のステージは「現在あなたの周囲にいる、身近な人から声がかかるまで」です。家族、友人、仕事で日常的に付き合いのある人などがここに入ります。あなたが直接連絡をとることができて、はなしたいときにすぐコンタクトできる相手です。

仮に、あなたが仲の良い友人からよく「正直なところ、どう思う?」と相談ごとをされる場合、それは、あなたに相談したいと思わせる「何か」があるということです。

さらに、職場で仕事を一緒にしている人たちから「大事なプレゼンの前に、率直なアドバイスを求められる」のであれば、あなたの意見を事前に聞いておきたいと思わせる「何か」があるのでしょう。

それらの裏側にある強みは、もしかしたら「一人の悩みや課題に対して、忖度なしにストレートな物言いができる」ということかもしれません。親しい人たちとの間では、率直にものを言ってほしい場面で、あなたが重宝されるでしょう。

その状態が続けば、あなたは「率直な意見がほしい」と思った周囲の人から声がかかるようになります。

ステージ1における鍵は、「手ごたえをつかむ」ことです。こうすればお声がかかると言う感触がつかめるということで、次の段階に進めます。

2. 知人の知人から声がかかる


2つめのステージは「知人の知人から声がかかるまで」です。知人だったとしても、あなたとの関係がまだ薄い「単なる知り合いレベル」はここに含まれます。

例えばSNSで人との交流を広げたり、知人から紹介されたイベントやワークショップに参加したりすると、出会う人の範囲が広がっていきます。

人との付き合いが徐々に広がっていく中で、自分の貢献範囲が大きくなれば、関係が深くない方からも声がかかったり、あるいは、人づてに紹介されたりということが起こります。ちなみにこのゾーンは、社会心理学の擁護で「弱い紐帯」とも言われます。

アメリカ合衆国の社会学者であるマーク・グラノヴェッターは、「弱い紐帯の強さ」という有名な研究を残しています。ホワイトカラー労働者が現在の職を得た方法を調べたところ、よく知っている人より、どちらかといえばつながりの薄い人から聞いた情報をもとにしていたという研究です。

職場の同僚や親しい友人のつながりでは、持っている情報やネットワークも必然的に近くなってきます。一方で、つながりの薄い人同士であれば、日常の自分とは異なる情報やコミュニティに触れているので、新しい機会や発見が生まれやすいのでしょう。

ブランディングマーケティング

PICK UP

あなたにおすすめ