最先端の経済誌「Forbes JAPAN」の記事紹介

E-TRON SPORTSBACK 50 QUATTROS S LINE

電気自動車はどこへ進むのか。電力供給やバッテリー価格や、半導体の生産体制など、課題はいろいろあるものの、確実に進化している。

代表例が、2020年に日本にも導入されたアウディのピュアEV「e-tron(イートロン)スポーツバック」だ。その特徴は、ガソリンやディーゼルといった化石燃料で走るICE(内燃機関をもった自動車)と違う速度感覚が楽しめるところだ。

全長4.9メートル、全高1.6メートル超の余裕あるサイズのボディは、プロポーションとしてはSUV的であるものの、キャビンを小さく見せるデザインによりクーペ的 なパーソナル感を打ち出している。

アウディでは18年にSUVタイプの「e-tronSUV」を、次に「e-tronスポーツバック」を、21年2月には、4ドアのEVスポーツカーを謳う「e-tronGT」を発表。新しい時代におけるファントゥドライブ(運転の楽しさ)を目指している。

いっぽうアウディでは20年11月に、環境への取り組みをオンラインで披露した。

「アウディは自動車生産に注力してきましたが、これからはもっと大きな視野に立って行動する企業になります」と、登場した重
役たちが語ったのが印象的だ。

欧州のアウディ工場では、太陽光や地熱など自然由来のエネルギーを大々的に採り入れているし、完成車の陸送も、ドイツでは温室効果ガスの排出量を抑えた
「DBエコプラス」列車を使う。

いま、アウディAGの幹部がことあるごとに口にするのは「Future is electric」という言葉である。面白いのは、「未来は電気(自動車にある)」と、「未来は刺激的」
とのダブルミーニングである点だ。

e-tronスポーツバックの、驚くほど力強い加速性と、小さなカーブでも気持ちよ
くこなすハンドリングを体験すれば、EVの刺激性がわかるだろう。環境的でも楽しさを諦めない。ここがアウディの魅力だ。

null

駆動形式|4輪駆動
全長|4900mm
全幅|1935mm
全高|1615mm
最高出力|230kW
価格|¥11430000(消費税込み)
問い合わせ|アウディ コミュニケーションセンター 0120-598-106


COLUMN 新しいコンセプトを示すショールームが2月オープン

null

デジタル技術は、クルマのショールームも変えている。2020年2月に開業した東京・千代田区の「Audi City紀尾井町」はその先駆けだ。

「Audi City」とはアウディが世界展開を始めたショールームの新しいコンセプト。「従来のロードサイド店舗とは一線を画す、これからのプレミアムカー販売の在り方を提示する都市型ショールーム」(アウディジャパン)と説明される。店舗面積はコンパクトであるかわりに、VRの積極利用が注目点だ。

VRゴーグルで、実車がなくても、車体色、ホイール、シートやダッシュボードと興味をもった仕様を3Dで体験できる。カブリオレモデルはほろの作動もバーチャルで見られる。「周囲景色 の車体への映り込み表現をはじめ、精細度の高さ、想像を超えるその品質(リアル感、色表現、反応速度の速さ等)にお客さまは驚かれている」と、好評を博している。

【連載】クルマの名鑑
他記事はこちらから>>

photographs by Tsukuru Asada(secession) | text by Fumio Ogawa | edit by Tsuzumi Aoyama

クルマの名鑑
VOL.37

フランスだからつくれた。一度は体験したいシ...

VOL.39

「後輪駆動セダンの火を灯し続ける」という想...

PICK UP

あなたにおすすめ