連載

クルマの名鑑

ラグジュアリーの象徴として、または最新テクノロジーを結集させた未来を示すものとして。各メーカーが続々に発表するクルマは、われわれのライフスタイルへの提案とも読み解くことができる。メーカーはどのような哲学でクルマを作り、なにを伝えようとしているのか。美しいフォルムを眺めながら思索を巡らせてはいかが。

23

ARTICLES

VOL.

23

2020

05.21

疾走するスポーツカーの本質を追求した結果の「革新」

スポーツカーには「疾走」なる言葉が似合う。けれど技術やスタイリングを見ると、先へ先へと進むのでなく、意外に保守的な製品かもしれない。移動でなく楽しみのためのクルマとして最初に作られたのは、バルセロナのイスパノ=スイザによる「アルフォンソⅩⅢ(13)」(1912年…

MORE