イェール大学助教授

KTSDESIGN/SCIENCE PHOTO LIBRARY / Getty Images

2021年に入っても猛威をふるい続ける新型コロナウイルス。まだ有効なワクチンの接種が一般市民に行き渡っていない中、感染拡大防止対策は今もなお重大な課題だ。

拡大防止のカギとなるのが「感染してしまった人が周りに移すのをいかに防ぐか」である。そのためには、どのような人が感染していそうか各個人や医療機関、自治体や政府ができるだけ精確に判断することが重要になる。

たとえば熱があった場合、どれほど感染の危険性があるのか。嗅覚の異常や倦怠感があった場合はどうだろうか。たとえ濃厚接触していなかったとしても、同じオフィスで働く同僚が感染していた場合はどうだろう。

こういった素朴な疑問に対する答えがあれば、感染の恐れがある場合は直ちに接触を控え、医療機関を受診するなど適切な対処をとることが可能になるだろう。

しかし残念ながら、医師でさえ患者が感染しているかの判断が難しいと言われる中、一般市民が自分が感染しているリスクを評価するのは難しい。

この困難を乗り越えるために、状況や症状に応じた感染リスクをより正確に評価できるように、症状・状況別の新型コロナウイルス陽性率に関するデータがあれば良いのではないか。

そう考え、私たちは郵送PCR検査実施時に回収された問診票のデータに基づき、症状別の陽性率のデータを作成、解析した。私が代表を務める半熟仮想と、7月から郵送PCR検査サービスPCR Nowを運営しているエフメディカルエクイップメントと東京TMSクリニックの共同事業だ。今回はその結果を簡単に紹介したい。

私たちのデータ分析結果は以下の3点にまとめることができる:
・何らかの体調不良や感染者との接触の自覚があった場合の感染リスクが12月以降目に見えて高まっている。
・特に注意すべき症状は発熱と嗅覚異常で、発熱症状がある場合の陽性率は4人に1人、嗅覚異常の場合は3人に1人にもなる。
・一方で、症状も接触の自覚もない場合は陽性率は低い。

ただし、ここで紹介する解析はPCR Nowの検査結果と問診票のデータのみに基づいたものであり、全国のPCR検査の全体像を表しているとは限らない点に注意してほしい。しかし、各症状別の陽性率が公開された例がなく、自覚症状がある対象の陽性率が想像以上に高いという結果の重要性を踏まえ、この結果を公開する必要があると考えた。データの詳細を確認したい方はぜひこちらの報告書を参照してほしい。

null

null

null

文=成田悠輔、粟飯原俊介(半熟仮想・自治医大)、小田啓太(自治医大・F-medical・東京大)、須藤亜佑美(半熟仮想・Yale大学)、竹口優三(F-medical・東京TMS クリニック・福島県立医科大)、田中奏多(東京TMSクリニック)

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ