I cover the intersection of business, health and public health.

Getty Images

新型コロナウイルスとインフルエンザウイルスに感染した場合の症状には、それほど明確な違いがない。特に症状が軽度の場合には、どちらのウイルスに感染したのか、見分けるのが難しい。

検査を受けることが非常に重要なのは、そのためだ。どちらに感染したのか判断する方法は、検査しかないだろう。

これらのウイルスに感染した場合に起きることのうち、特に注意すべきこととして覚えておきたいのは、以下の5つのことだ。

1. COVID-19は発症までに時間がかかる


新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の症状は、感染から2日で出始める場合がある一方、14日たって症状が出ることもある(平均では5日後に発症している)。インフルエンザの症状は感染から1〜4日後と、早い時期から出始める。

2. COVID-19の症状は“徐々に”出現


インフルエンザにかかると、発熱や悪寒、筋肉痛、頭痛、倦怠感といった症状が一気に出る。COVID-19の場合は、人によって異なる程度やタイミングで、さまざまな症状が現れる。

COVID-19にかかった人のなかには、まず味覚や嗅覚が失われていることに気付く人もいれば、先に熱や咳が出る人もいる。症状は徐々に現れ、最初は軽度でも、発症から1週間以上たって重症化する人もいる。

3. COVID-19は経過が予測不可能


インフルエンザに感染した場合、発症から治癒までは典型的な経過をたどることが多い。症状が出始めると数日以内に急速に悪化し、その後は時間の経過とともに回復する。

COVID-19の場合は、感染した最初の週は割と普通に過ごし、翌週になって急に悪化する人もいる。症状が毎日、あるいは刻一刻と変化する人もいる。感染した場合に何が起きるか、予測することは非常に難しい。

4. COVID-19は症状も予測不可能


米疾病対策センター(CDC)がCOVID-19とインフルエンザのどちらにも現れる症状として挙げているのは、「発熱、悪寒、咳、息切れ、呼吸困難、倦怠感、喉の痛み、鼻水・鼻づまり、筋肉痛、体の痛み、頭痛、嘔吐、下痢」など。

一方、Covid-19の患者には、流涙症や結膜浮腫、結膜充血などの眼の問題、発疹、4時間以上の勃起の継続など、数多くの異なる症状が報告されている。

編集=木内涼子

PICK UP

あなたにおすすめ