I write about the 1% who sit on top of the world.

ローレン・パウエル・ジョブズ(Photo by Dia Dipasupil/Getty Images)

故スティーブ・ジョブズの未亡人のローレン・パウエル・ジョブズは、メディア企業「The Atlantic」の過半数株式を保有している。彼女の保有資産は現在195億ドル(約2兆円)に達しており、今年3月以降に31億ドル分の資産を増加させたが、The Atlanticは先日、社員の20%をレイオフすると宣言した。

パウエル・ジョブズは今、パンデミック以降の景気減速の中で雇用の削減に踏み切り、世間の非難を浴びる富豪たちの仲間入りを果たした。

雑誌The Atlanticの従業員68人は今後、仕事を失うことになる。対象となる従業員は主にイベントやセールス、編集部門の人員だ。残りの従業員の給与の支払いも、年末までの間停止され、取締役の報酬は減額されるという。

この報せを受けて、特にメディア関係者の間から強い反発の声があがった。元ニューズウィーク編集者でフリー記者のZach Schonfeldは「大富豪であるパウエル・ジョブズは、68人のスタッフに3000年の間、給料を払い続けられるだけの冨を蓄えている」と書いた。

パウエル・ジョブズの広報担当者及びThe Atlanticは、この件についてのコメント要請に返答していない。

同様な批判は、ロサンゼルス・タイムズのオーナーのパトリック・スン・シオンにも向けられた。同社は今年4月に賃金カットや一時帰休措置を行っていた。メディア業界以外でも、英国のリチャード・ブランソンや、デラウェアノース会長のジェレミー・ジェイコブスなどの富豪のふるまいが非難を浴びている。

現在56歳のパウエル・ジョブズは、2011年のスティーブ・ジョブズの死去後、数十億ドル相当のアップルやディズニーの株式を相続した。パンデミックの発生以降も彼女の保有資産は、主にアップルの株価の上昇によって増大し続けている。

パウエル・ジョブズは2017年に、1億ドルと伝えられる金額でThe Atlanticの過半数株式を取得していた(彼女は自身が立ち上げた慈善団体Emerson Collectiveを通じThe Atlanticの株式を保有している)。

The Atlanticの業績はここ数年好調で、社員数を100人程度増やし、競合メディアに対抗しようとしてきた。同社は昨年9月にサブスクリプション制度を導入し、1月あたり新規で約2万人の有料会員を獲得している。

サイトの訪問者数も、人々の新型コロナウイルスへの関心が高まるにつれて伸びており、3月から4月にかけての訪問者数は1億3200万人に達していた。

しかし、パンデミックを受けて広告やライブイベントからの売上は急落し、The Atlanticは厳しい財政状況に追い込まれた。メディア業界では既に数万人が職を失っている。

経営の立て直しを図るThe Atlanticとオーナーのパウエル・ジョブズは、コスト削減のため、社員の解雇に踏み切った。

編集=上田裕資

VOL.373

新型コロナ感染者を「匂い」で特定? 探知犬...

VOL.375

創造性を育む「毒」との対峙の仕方。ポストコ...

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい