Close RECOMMEND

最先端の経済誌「Forbes JAPAN」の記事紹介

工場内のあらゆる機器や設備、作業を行う人のデータを収集してIoTやAIで可視化、最適化する「スマートファクトリー」。シミュレーションや設計などデザインによる効率化、オペレーションの効率化、スケールの拡大によって世界で約200兆円の経済効果があるともいわれている。

世界の多くの製造業者が以前にも増してスマートファクトリーへの投資を加速させている。フランスを拠点として世界展開するITコンサルタント、キャップジェミニの研究所調べによると、スマートファクトリー化の成功に欠かせないと思われているのが、製造実行システム(MES)、監視制御(SCADA)、製品ライフサイクル管理(PLM)だ。

また、国別では中国、日本、ドイツが世界で最も積極的に、次いで韓国、アメリカ、フランスが次に積極的に推し進めている。将来の「ものづくり」の覇権は、デジタル・トランスフォーメーションの成否にかかっているようだ。

このインフォグラフィックをシェアする

Data by Capgemini Research Institute "Smart factory @ scale"

PICK UP

あなたにおすすめ