世界が直面する課題の解決方法

膨大な数の感染者を出した新型コロナウイルス。この公衆衛生上の危機との闘いに大学の研究機関の貢献が期待されている。(Shutterstock)

新型コロナウイルスの感染拡大を食い止めようと、世界中で研究が進められていますが、香港の事例について世界経済フォーラムのアジェンダからご紹介します。


・現在、世界中のイノベーターや大学の研究チームが新型コロナウイルスの封じ込め対策に乗り出しています。
・香港科技大学(HKUST)では、患者のケアをサポートする自動ロボットや、さまざまな感染性ウイルスを最大99.99%除去する殺菌剤といったイノベーションが生まれています。
・新型コロナウイルスのパンデミックのような危機に対して、大学は連携して解決策を考案することが求められています。

新型コロナウイルスが大陸を席巻し、膨大な数の感染者を出している中、さらなる拡大を阻止するために、世界中の保健当局、政策立案者、科学者、イノベーターたちが対応策を模索しています。このような深刻で長期化する可能性のある公衆衛生上の危機との闘いに貢献できる存在でありたいというのが、大学という組織が持つ揺るぎない信念です。

検査キット、殺菌剤、自動運転の車も。香港科技大学が開発


新型コロナウイルスは感染力が高いため、ウイルス保有者の迅速な発見から感染拡大の食い止め、ワクチン開発に至るまで、さまざまな解決策を見いだすことが急務となっています。香港科技大学(HKUST)の研究チームは、他の世界各地の研究者と同様に、新型コロナウイルスの制御のためのグローバルタスクフォースに貢献するため、寸暇を惜しんで努力を続けています。

発生のごく初期段階では、1月中旬に中国から新型コロナウイルスの遺伝子配列を入手した後、最先端のマイクロ流体チップ技術を利用したポータブル検査キットを開発しました。所要時間を40分にまで短縮したこの検査キットは、ウイルスを保有しているかどうかを短時間で正確に判断する上で非常に画期的でした。

感染制御の面では、さまざまな感染性ウイルスを最大99.99%除去できる殺菌剤「PECD殺菌コーティング」を開発しました。医療施設の空気清浄システムの微粒子フィルターにコーティングすることで、ウイルス伝播の抑制に役立ちます。この技術は、新型コロナウイルスによる肺炎患者を受け入れるために建設された救急病院である、中国湖北省武漢市の火神山医院ですでに取り入れられています。

また、最近開発された新しい殺菌コーティング「MAP-1」は、新型コロナウイルスよりも耐性が強いウイルスを殺す効果があります。その用途としては消毒剤や塗料が挙げられますが、衣類やサージカルマスクに使用することで、公共の場における微生物汚染を長期的に防ぐ効果が期待できます。

さらに、HKUSTの研究チームが開発した全地形3Dマッピング技術や、大規模な視覚センサナビゲーション技術を搭載した自動運転車も、新型コロナウイルスの被害を受けた中国の複数の都市に配備されました。これにより、人との接触を最小限に抑え、人から人への感染リスクを抑制することができます。同様に、本研究室の同窓生が製作した数百台のロボットが、中国全土の病院や隔離施設に配備され、交差感染を防ぎながら患者に食事や薬を提供しています。

香港においてHKUSTは、体温モニタリングや検疫対策の面で新しいテクノロジーを駆使したサポートを政府に提供しています。また、サージカルマスクなどの防護装備や消毒剤が不足している状況から、これらの供給をコスト面でも時間の面でも効率的に生産する方法を開発することに研究資源を投入し、深刻化する物資不足の緩和を図ろうとしています。

文=Wei Shyy, President, Hong Kong University of Science and Technology

VOL.193

外出自粛中のメンタルヘルスのために心掛けた...

VOL.195

新型コロナで訴え、真のインフルエンサーたち...

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい