.

Chesky / Shutterstock.com

シリコンバレーのデリバリーロボットのスタートアップ企業「Nuro」とウォルマートが組んで、米国のヒューストンの都市部で生鮮食品のロボット配送を始動させようとしている。

Nuroとウォルマートは12月10日、今後数カ月以内に自動運転車両を用いた配送サービスを開始すると宣言した。価格は「手頃なもの」になるとされるが、明確にはされていない。

カリフォルニア州マウンテンビュー本拠のNuroは、グーグルの自動運転部門出身のエンジニア2人が2016年に設立した企業だ。同社は10億ドルを超える資金を、ソフトバンク傘下のビジョン・ファンドやGreylockなどから調達している。

ワシントン・ポストによると、Nuroはこれまでトヨタのプリウスをベースとした自動運転車両で、ヒューストンでのトライアルを進めてきたという。しかし、12月10日の発表で、同社が今後、「R2」と呼ばれる独自のカスタム車両を、現地に投入することが明かされた。

R2はデリバリー専用の小型の自動運転車両で、親しみやすい外観が特徴的だ。各車両は2つの荷物の収納庫を搭載しており、自宅の前に食品を積んだ車両がやって来たら、顧客は暗号キーをタッチスクリーンに入力し、積み荷を取り出す仕様となっている。

Nuroとウォルマートはこのサービスの始動にあたり、ヒューストン地区在住の顧客からの事前申し込みを受付中だ。R2を用いたデリバリーは現地の一部のウォルマートから実施される。2社は2020年後半以降に、このサービスを全米に拡大する計画という。

Nuroは自動運転車を用いた食品デリバリーを、アリゾナ州スコッツデールで2018年に9カ月間にわたって実施し、その際の料金は1配送あたり5.95ドルだった。同社はヒューストンで、ドミノピザのデリバリーも間もなく始動させる予定という。

ウォルマートのデジタルオペレーション部門を統括するTom Wardは、「当社は自動運転車両を活用したトライアルを通じ、このテクノロジーをいかに顧客のリアルなニーズに適合させていくかを探っていく」と述べた。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ