.

任天堂の携帯ゲーム機「Switch Lite」(ESOlex / Shutterstock.com)

任天堂は9月20日に廉価版の携帯ゲーム機「Switch Lite」を発売し、わずか10日間ほどで195万台を出荷した。同社が10月31日に発表の2019年4~9月期連結決算では、2017年3月発売のSwitchの通算販売台数が最大4167万台に達し、ゲームの販売本数も2億4610万本に達したことが明かされた。

任天堂によると同社の過去6カ月の売上は前年同期比14.2%増の41億ドルで、利益は53%増の8億7300万ドル(約942億円)に達した。第2四半期には3本の大型タイトルをリリースし、「スーパーマリオメーカー2」が393万本、「ファイアーエムブレム 風花雪月」が229万本、「ゼルダの伝説 夢をみる島」が313万本を達成した。

任天堂は10月以降の6カ月間で、さらに複数の大型タイトルを発売し、そこには「ルイージマンション3」や「ポケットモンスター ソード・シールド」「あつまれ どうぶつの森」などが含まれる。

新たなハードウェアのSwitch Liteは、オリジナルの「ニンテンドー・スイッチ」の本体とコントローラを一体化させ、携帯型に特化させた廉価モデルだが、任天堂のビジネスをさらに後押しするものになった。

Switchシリーズは今や、かつての任天堂の主力だった「ニンテンドー3DS」を置き換える存在となった。ニンテンドー3DSの累計販売台数は7545万台を記録したが、任天堂は近年このハードウェアを、より若いキッズ向けのエントリーモデルに位置づけている。

しかし、その役割も今後はSwitch Liteが担っていくことになりそうだ。

ソニーが2014年にリリースしたPlayStation 4の累計販売台数は1億280万台に達し、ソニー史上2番目に売れたゲーム機となった。PS4の売上は任天堂がWiiで築いた1億163万台という記録を破っていた。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい