Close RECOMMEND

News and opinion about video games, technology and the internet

Photo by Chesnot/Getty Images

任天堂は1月25日、驚きの発表を行った。同社はユーチューブ動画を公開し、その中で高橋伸也取締役が、開発中のニンテンドースイッチ向けソフト「Metroid Prime 4」について、「求める品質に達していないため、新たなスタジオとプロジェクトを最初からやり直す」と述べたのだ。

「開発を継続した結果、大変心苦しいのですが、私たちがメトロイドプライムシリーズの続編となるこのタイトルに求める品質には届いていない、という現状をお伝えせざるを得なくなりました」と、高橋は動画の中で説明した。

ゲームの開発を担当していたのはバンダイナムコだが、今回の発表によると、プロデューサーの田邊賢輔は、オリジナルのメトロイドプライムシリーズを担当したアメリカの「レトロスタジオ」と開発をやり直すという。

しかし、当時の主要メンバーは既にレトロスタジオを去っており、同社は現在別のタイトルを開発中だとされるため、今後の動向が注目される。

Metroid Prime 4の開発は一から仕切り直しになるため、完成が当初の予定から大幅に遅れることは高橋自身も認めている。最初の発表から新たな情報が何も出ていなかったことから、完成は数年後になると見られていた。

「スーパーマリオシリーズ」の生みの親である宮本茂は、完成の遅れたゲームが成功するケースについて述べたが、ファンにとっては残念なニュースであることは間違いない。それでも、多くの人は任天堂を信頼しており、より良いゲームを作るために必要な措置だと納得していることだろう。

任天堂はこれまで求める品質に届かなかったゲーム全てについて完成を遅らせてきたわけでないが、同社のヒット作の数は失敗作の数を圧倒的に上回っている。数あるゲームの中でも、Metroid Prime 4は同社にとって絶対に失敗したくないタイトルのはずだ。

任天堂がこれほどまで大きな決断をしなければならなかった理由については、今後詳しい事情が明らかになるだろう。ゲーム業界では、今回のようにゲーム会社が自ら動画を通じて「ゲームの出来が悪いので開発をやり直す」と発表するケースは極めて稀だ。

しかし、こうした行動を取ることこそが、任天堂が任天堂である証だと言える。多くの人は残念に思いながらも、同社の決断を敬意とともに受けとめるだろう。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい