閉じる

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

「エバーレーン」共同創業者兼CEOのマイケル・プレイズマン

サンフランシスコ発のD2C型アパレルブランド「エバーレーン」。そのビジネスモデルと洗練されたデザインで話題をさらっているが、「真の問いは別のところにある」と創業者は語る。その「問い」とは。


サンフランシスコのミッション地区。多言語が飛び交い、日常品店やおしゃれなカフェが乱立する目抜き通りに「Everlane(エバーレーン)」の店舗がある。天井が高く、天窓から自然光を取り込む構造もあって、白が基調の店内は明るく、すっきりとしている。12月上旬の陽気な午後、定刻どおりに同社の共同創業者兼CEO、マイケル・プレイズマン(33)はひとりでふらっと現れた。

撮影や会話のちょっとした隙間時間もスマートフォンをこまめに確認しては、淡々とした表情ではっきりと早口に話し、曖昧な質問を受け付けない。ムダも隙もないプレイズマンを見ていると、彼が立ち上げたアパレルブランド「エバーレーン」が急成長を遂げたのもうなずける。

2010年創業の同社は、ウェブサイトを通じて消費者に直販する「D2C(Direct to Consumer)」型のビジネスモデルで、日本を含めて38カ国に展開。近年のeコマース企業らしく、リアル店舗も運営しており、冒頭のバレンシア店のほか、ニューヨークに2店ほど構えている(18年12月現在)。

企業調査会社プリブコによると、16年の段階で売上高は推定1億ドルに上り、18年4月の段階でコースラ・ベンチャーズやKPCBなどのベンチャー投資会社から110万ドルを調達している(米IT調査会社CBインサイツ調べ)。

プレイズマンが歩んできた道のりは、他の起業家のそれとはやや異なる。じつはエバーレーンを立ち上げる前、ベンチャー投資会社「エレベーション・パートナーズ」で3年間勤務していた経験をもつ。

名門カーネギーメロン大学でコンピュータエンジニアリングと経済学を専攻したプレイズマンは「投資を通じて世の中にインパクトを与えたい」という思いから有名エンジェル投資家のロジャー・マクナミーや音楽バンドU2のボノらが創業した同社の門を叩いた。

ところが働くうちに、投資とオペレーションはまったく別物だとわかり、「オペレーションを通じてインパクトを与えたい」と思うようになっていた自分に気づいたという。

「例えばフェイスブックに投資していれば、世界に影響を与えられますよね。でも、それができなかった。ただテーブルの上にお金を置いているだけのような気がしたのです。自分で何かを始めるしかない──。そう思うようになりました」

尊敬するウォルト・ディズニーやナイキ共同創業者のフィル・ナイト、イケア創業者のイングヴァル・カンプラードのように、アイデアを具現化するためにも「変化に投資するのではなく、自分自身がその変化の中心になる」ことに決めたのだ。

文=井関庸介 写真=ラミン・ラヒミアン

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい