閉じる

PICK UP

I write about business and the legal cannabis industry.

Cascade Creatives / Shutterstock.com

メキシコ連邦議会は全州での医療用・嗜好用大麻の合法化に向け、すでに提出されている法案についての議論を近く開始する予定だ。一方、米国は大麻に関してますます、時代遅れになり始めているようだ──。

メキシコでは大麻の使用を違法とすることについて、最高裁判所が違憲であるとの判断を示しており、議会は使用規制に関する方針を明確に定める必要に迫られている。そして、こうした動きが見られるのは、同国だけではない。

ウルグアイとカナダがすでに嗜好用の大麻を合法化したほか、オーストラリアやドイツ、イスラエルなどの30カ国(と米国の33州)が、何らかの形での大麻の使用を認めている。そのほか十数カ国が、全面的な合法化に向かい始めている。

スペインとオランダでは、許可を取得したカフェでの嗜好用大麻の使用が認められている。ジャマイカとチェコ共和国では、大麻の使用を目的とする観光客が急増したことを受け、医療目的での使用と少量の所持を合法化した。

フランスでは、昨年就任したエマニュエル・マクロン大統領が選挙公約に掲げたとおり、少量の大麻所持に対する刑罰を軽減。禁錮刑を適用しない方針を決定した。また、コロンビアとポルトガルでは、合法化を求める草の根運動が活発に行われており、政府も使用を認めることに前向きな姿勢を見せ始めている。

また、医療目的での大麻の使用を認める国は急速に増加している。英国でも11月から、医療用大麻が合法化された。欧州連合(EU)の加盟国の中ではすでに、マルタ、ルクセンブルク、ギリシャ、デンマークなどが今年に入って法律を改正。医療用を合法化したほか、市民による所持と栽培を限定的に非犯罪化した。

そのほか、麻薬取り締まりに関する自国の法律は世界で最も厳格なものだと自負してきたタイも先ごろ、医療用大麻を合法化するアジア初の国となった。今年7月には韓国も、医療用大麻を合法化するための手続きに着手している。

編集=木内涼子

あなたにおすすめ

合わせて読みたい