Close

PICK UP

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

日本初のAI特化型インキュベーション施設「KERNEL HONGO」

AI特化型インキュベーターのディープコアは、AIに特化した日本初のインキュベーション施設「KERNEL HONGO」(カーネル・ホンゴウ)を8月8日、東京・本郷にオープンした。

同社はソフトバンクグループが100%出資する子会社。AI分野、特にディープラーニング分野の技術者や研究者を起業家として育成する。数学的な知識やコンピューター技術を持ち合わせる、20代中心の約100人のメンバーは公募制。コミュニティを醸成し、十分な計算環境と、企業や研究機関との実証実験の機会を提供し、新サービスの創出を目指す。

WeWorkがデザイン、本郷をAI集積地へ

「KERNEL HONGO」は東京大学にほど近い、文京区本郷にあるビルの2フロア計約600平方メートルのスペースに開設。イベントもできるラウンジやミーティングルーム、プロジェクトルームなどを備えた明るい空間だ。シェアオフィスのWeWorkがデザインした。



同社によると、近年テック系やAI関連のスタートアップが本郷の地に集まり、インキュベーション熱が高まっているという。

若手技術者を起業家へ 東大・松尾研究室とも連携

KERNEL HONGOでは東大の松尾豊特任准教授率いる松尾研究室など、様々な研究機関や企業と連携する。

ディープコアの仁木勝雅代表は事業説明会で、「今までのイノベーションの多くは、起業家精神を持った技術者から生まれている。世界ではすでにAI特化型のインキュベーターがどんどん出てきており、我々も日本でそうなっていきたい」と話した。

仁木代表によると、注力するディープラーニングの分野では分析可能なデータ量が増加し、ハードウェアの精度も飛躍的に上がっている。そのため今後あらゆる産業へのAIの導入が進み、産業自体の再整理も予想されるという。

文=林亜季

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい