Close

PICK UP

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

マーティン・ルーサー・キング・ジュニア(Photo by CBS Photo Archive/Getty Images)

職業とは、労働とは、仕事とは─。老若貴賤にかかわらず問いかけられるこの問いに、古今の洞察者たちはどんな答えを出してきたのだろうか。彼らの示唆に富む言葉に、明日へのヒントが隠されているかもしれない。


All labor has dignity.
すべての労働に尊厳がある。
──マーティン・ルーサー・キング・ジュニア(牧師、1929-1968)

People don’t choose their careers—they are engulfed by them.
人が職業を選ぶのではない──職業が人を引きずり込むのだ。
──ジョン・ドス・パソス(作家、1896-1970)

Office life typically proceeds behind a mask of shallow cheerfulness, leaving workers grievously unprepared to handle the fury and sadness continually aroused by their colleagues.
会社員の日常は、概して、薄っぺらな快活さという仮面をかぶって行われており、同僚に怒りをおぼえたり悲しくなったりすることが続いても、嘆かわしいほどなすすべがない。
──アラン・ド・ボトン(哲学者、1969-)

Every man’s work, whether it be literature or music or pictures or architecture or anything else, is always a portrait of himself.
だれの仕事も、それが文学であれ、音楽であれ、絵画であれ、建築であれ、何であれ、本人の肖像でしかありえない。
──サミュエル・バトラー(作家、1835-1902)『万人の道』

One never notices what has been done; one can only see what remains to be done.
人は、すでになされたことには気づきません。まだなされていないことに気づくだけなのです。
──キュリー夫人(科学者、1867-1934)

Anyone can do any amount of work, provided it isn’t the work he is supposed to be doing at the moment.
だれでも、どんな量の仕事でも、できますよ。やらなきゃならないのが、今すぐ、じゃなかったらね。
──ロバート・ベンチリー(ユーモア作家、1889-1945)

Diligence is the mother of good fortune, and the goal of a good intention was never reached through its opposite, laziness.
勤勉が幸運の母であるのに対し、怠惰は、よき願いが定めた目的地にいまだ達したためしがない。
──ミゲル・デ・セルバンテス(作家、1547-1616)『ドン・キホーテ』

翻訳=有好宏文

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい