Close

PICK UP

I write about Millennials, Gen Z, and leadership trends.

Kite_rin / shutterstock.com

夏は、リラックスやバーベキューだけでなく、自分のキャリアを見直すのに最適な季節だ。長い日照時間を活用し、手持ちの余暇を上手に利用しよう。通常よりも仕事のペースが遅くなることを最大限に生かし、自分のキャリアの現状を確認する。

最も必要なのは明確な方向性であり、それを得るために最適な手段はキャリアの見直しだ。現在の仕事の良い点と悪い点を明確化し、次のステップへ大きく踏み出すための基礎を築く助けとなる。

キャリアの見直しを成功させるために重要な点は3つある。それは、自分に厳しい質問を投げかけること、それに正直に答えること、ゆっくり時間を取ること。1日だけ腰を据えてすべて済ませることも可能だが、じっくり時間をかけて自分の考えを掘り下げたり新たなアイデアを模索したりする方が、はるかに効果的だ。アイデアのリストを身近に置いておき、思いついた時にすぐ追加できるようにしておこう。

まずは、メリットとデメリットをまとめたリストを作成することから始めるのが簡単だ。これにより自分の考えをまとめ、肯定的な面と否定的な面を視覚化できる。

心に浮かんだことを包み隠さず、全て書き出すこと。キャリア見直しの目的は、自分が意識していない事柄を明らかにし、探求ステージへと進むこと。リストにアイデアが浮かんだらいつでも追加できるように、自分の持つ全デバイスからアクセスできる状態にしておくことが重要だ。

腰を据えて、頭の中でぼんやりと考えていた疑問を自分に投げかけよう。自分の現在の仕事や役割を深く分析したり、新たなキャリアパスを検討したりする。こうした疑問に答えることで、自分の考えを明確にでき、新しい視点が得られる。イエスかノーで答えられる質問と、分析が必要な質問を組み合わせると最高だ。

以下に、質問の例をいくつか挙げる。

・今の役割や会社に満足しているか?
・今の仕事のどこが好きでどこが嫌いか?
・今の会社で働く上で、最も良いことと最も悪いことは何か?
・自分の上司の最も良い点と最も悪い点な何か?
・仕事上の自分の責務は何か? 
・各責務を「簡単・やや難しい・難しい」で評価するとどうか?
・今の給料や手当で満足か? 改善を望むとしたら何か?
・自分にとって夢の仕事は何?
・どのような不安や願望を抱えているか?
・仕事で他にどんなことに取り組みたいか?

最後の質問はは非常に良いブレインストーミング型質問の例だ。どんなささいなことでも、心に浮かんだ全てを書き出すこと。

編集=遠藤宗生

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい