閉じる

PICK UP

テクノからチャート、その他の音楽業界に関する執筆を担当。

カーディ・B(Photo by Matt Winkelmeyer/Getty Images for GQ)

ヒップホップ界の新女王と呼ばれるカーディ・Bがデビューアルバム「インヴェイジョン・オブ・プライバシー」でビルボード200を席巻している。初動で25万ユニット以上を記録し、アルバムチャートでトップの座を獲得した。そのうち13万5000ユニットがストリーミング再生によるものだった。

カーディ・Bの楽曲は4月21日付のHot 100に13曲がランクイン。ビルボードによると同時にランクインした楽曲数でビヨンセの記録を抜いて歴代1位になった。ビヨンセは2016年に発表した「レモネード」で12曲が同時にランクインしていた。

ランキング入りしたカーディ・Bの楽曲のうち10曲がHot 100に初登場で、アルバム発表前にシングルカットされていなかった楽曲だ。10位の「フィネス」は彼女自身のアルバムの曲ではなく、ブルーノ・マーズの楽曲に参加したものだ。最もランクが高かったのが「I Like It」で8位だった。

トップ10に入った2曲を含め、9曲が40位圏内に入っている。これは女性ラッパーのデビューアルバムとしては目を見張るべき成績といえる。

元ストリッパーでインスタグラムへの過激な投稿でも話題の25歳が今後、米国の音楽業界を揺るがすことになるのは確実だ。カーディ・Bのトップ100に同時ランクインした13曲は以下の通り。

8位.  I Like It (ft. J Balvin & Bad Bunny)
10位. Finesse (Bruno Mars & Cardi B)
11位. Be Careful
21位. Drip(ft. Migos)
23位. I Do (ft. SZA)
28位. Ring (ft. Kehlani)
32位. Bartier Cardi (ft. 21 Savage)
38位. Get Up 10
39位. Best Life (ft. Chance The Rapper)
43位. Bickenhead
50位. Thru Your Phone
57位. She Bad (ft. YG)
58位. Money Bag

編集=上田裕資

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい