Close

PICK UP

ゲノム解析の女性起業家が考える、私たちの未来

GYRO PHOTOGRAPHY/amanaimagesRF

私がゲノム解析のベンチャーを起業してもうすぐ5年になりますが、多くの起業家がそうであるように私も多くの葛藤と遭遇しました。もともと私が起業したのは、研究成果を活かしながら事業を創り、結果的にその事業によって研究自体も加速する、というサイエンスと事業がシナジー効果を生む仕組みを創りたい純粋な想いからでした。

しかし、実際起業すると他意のない人々から、「それは実現不可能である」「あなたには到底無理である、なぜならこういう理由があるからだ」という旨を何百回も繰り返し宣言されます。

新しいテクノロジーや概念を怪訝に捉えるような人々からは、あなたの顔も一生見たくもないと邪魔されたり、拒絶の壁に打ちのめされたりもします。起業当時は博士課程在学中だったため、研究活動と起業の狭間でうまく立ち振る舞えない自分に苛立ち、不安になる瞬間もありました。

挑戦しては否定され、自分の理想を信じながらも、「これは本当に実現可能なのか」「この選択はものすごく間違ってはいないのか」など繰り返し繰り返し葛藤し、自問自答してきました。

と、まあここまでは、起業家にはよく起こるあるある話かと思います。

ここでの問いは、果たして葛藤とは何なのか? ということです。この正体を理解することでより生きやすくなるのではないかと考え、周りの人にその本人が抱える葛藤についてヒアリングしました。

葛藤のあいだを綾なす

葛藤と課題の違いを考えると、課題は客観的に誰が見ても同じものが見えますが、葛藤は他人からは見ることができず本人にしか理解できないことが多いです。葛藤とは、当事者意識の最たるものです。なぜなら葛藤は、自分の夢や理想、自分の信じるものと、実際に選択しなければいけない現実との乖離だからです。

唯一の正解がない世界で、他の正解を犠牲にして何かを選択する。そんなときに葛藤が起きます。

たとえば、自分がやりたい方向と、大切な人からの期待が異なる場合、個別に見ればどちらも自分にとって正しくても、何かを捨てて何かを選択しなければなりません。

文=高橋祥子

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい