Close RECOMMEND

PICK UP

Observing, pondering, and writing about tech. Generally in that order.

JMiks / Shutterstock.com

1995年に公開された映画「サイバーネット(原題: Hackers)」では、主人公がハッキングされやすい危険なパスワードの例をあげていた。それは「love」や「sex」「secret」「god」といったシンプルすぎる文字列だった。しかし、その後22年が経過した今も人々の行動はあまり変わっていないようだ。

調査企業「SplashData」が毎年恒例の「最悪なパスワード100」の2017年版を公開した。今年のワースト5は「1232456」「password」「12345678」「qwerty」「12345」だった。

状況は昨年からほとんど変わっていないようだ。世間では今でも123456789のような数字の羅列を用いる人が非常に多い。しかし、一部の人は少しだけ知恵を絞ったようで、数字の並びを逆にした「654321」が26位に入った。

また、子供でも知っているような簡単な英単語をパスワードにする人も多い。「welcome」や「monkey」「football」「dragon」「cheese」といった単語がその例だ。また、今年のトレンドを示す言葉としては「starwars」が16位に入っている。

SplashData は500万件に及ぶネットに流出したパスワードから、今回のランキングを作成した。対象となったパスワードにアダルトサイトのものは含まれていないという。また、これは主に北米とヨーロッパのインターネットユーザーのデータだという。

SplashDataの分析によると、ネットユーザーの10%近くが上位25位までの最悪のパスワードのうち、どれか一つ以上を使用した経験を持ち、3%近くが「123456」を過去に使用していたという。下記に今年のワースト100のうち、25位までをご紹介する。

1位:123456
2位:password
3位:12345678
4位:qwerty
5位:12345
6位:123456789
7位:letmein
8位:1234567
9位:football
10位:iloveyou
11位:admin
12位:welcome
13位:monkey
14位:login
15位:abc123
16位:starwars
17位:123123
18位:dragon
19位:passw0rd
20位:master
21位:hello
22位:freedom
23位:whatever
24位:qazwsx
25位:trustno1

編集=上田裕資

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい