Close

【会員10万人突破記念】
500名様にギフト券をプレゼント!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

シネマ未来鏡

映画「ギフテッド」に出演したクリス・エヴァンズ、マケナ・グレース、オクタヴィア・スペンサー(Photo by CJ Rivera/FilmMagic)

7歳の少女が、マサチューセッツ工科大学の学生が板書した数式の欠陥を指摘して、なおかつその証明もさらりと黒板に書きしるしてしまう──。

映画「gifted/ギフテッド」のなかでも、もっとも観ていて痛快な場面のひとつだが、高度な数学書を愛読する少女メアリーにとっては、ごくあたりまえのことなのだ。その数学の天才少女が小学校に入学する日から、物語は始まる。

メアリーの母ダイアンは将来を嘱望された天才数学者であったが、自ら命を絶ってしまったため、メアリーはダイアンの弟であるフランクに託される。メアリーにとっては叔父にあたるフランクは、フロリダでボートの修理をしながら暮らす独身男性で、けっして裕福とはいえない生活を送っていた。家にはメアリーの飼っている隻眼の猫フレッド、隣家にはいろいろ世話を焼いてくれる中年女性ロバータ、このふたりがメアリーの数少ない友人だった。

小学校初登校の朝、隣家のロバータが家にやってきて、メアリーは新しい環境でやっていけるのかと心配顔でフランクに話しかけるが、彼は決然としてメアリーをスクールバスに乗せる。

小学校での授業、女性教師から簡単な足し算が出題されるがメアリーには退屈極まりない。その子供らしからぬ態度に、教師がより難しい3桁の足し算を出題しても、メアリーは即座に答えてしまう。次に今度は同じ数字を掛け算にして出題すると、これも見事正解し、しかも平方根まですらすら口にする。そして、いますぐ家に帰してくれとメアリーは叫ぶのだった。

メアリーの「ギフテッド」に気づいた学校側は、親代わりのフランクに天才教育をする学校への転校を進める。周囲の子供たちと馴染まないメアリーを厄介払いしたかったのだ。

「ギフテッド」とは、生まれつき高度な知的能力を持った人間、あるいはその才能を指す言葉だが、実はメアリーに普通の生活をさせるようにとフランクに頼んだのは姉のダイアンであった。彼は、姉が死を選んだ日、相談を持ちかけられながらもデートに行ってしまったことで、ずっと自責の念に悩まされていたのだ。フランクは学校からの申し出を断る。

メアリーは家では難解な数学書を読んでいるが、仕事の合間にはボートに乗せて外へと連れ出してくれるフランクを心から慕っていた。しかし、そこにフランクの母であるイブリンが登場。こんな劣悪な環境ではメアリーの才能は伸ばせない、もっと高度な教育が必要だと主張して、自分の住むマサチューセッツにメアリーを連れていく。

そこで冒頭のMITでのシーンとなるのだが、結局、このメアリーの親権をめぐって、フランクとイブリン、息子と母が法廷で争うことになる。

結局、映画「ギフテッド」では、天才はどのような環境で育てられるべきかが、法廷での論争の焦点となるのだが、やはりエンタテインメント作品の宿命というべきか、ラストシーンはかなり玉虫色の決着となっている。一般人が安心できるような落としどころだ。作品の出来については後述するとして、このラストシーンを観て思ったのは、もしかしたらこのようにして「ギフテッド」は市井の底へと消えていくのではないかという問いだ。

文=稲垣伸寿

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい