Close

Forbes JAPAN 会員登録で
3,000円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I cover securities markets, namely stocks and cryptocurrencies.

shutterstock.com

仮想通貨の情報サイト「コインデスク(CoinDesk)」によると、仮想通貨の中でも最大規模のビットコインの時価総額は9月1日、コインデスクの「ビットコイン・プライス・インデックス(BPI)」で一時、4900ドル(約53万円)を超えた。年初来、およそ410%の上昇を記録したことになる。

仮想通貨は投資家たちに確実に利益をもたらし、仮想通貨全体の認知度を高めることにつながっている(ただし、仮想通貨、またはトークンへの投資は非常に投機的で、市場はほとんど規制がされていない。投資を検討する人は全て、投資する全額を失う覚悟をしておかなければならない)。

関心の高まり

年初来、ビットコインへの関心が急激に高まっていることについて、アナリストらはいくつかの要因を指摘している。その一つには、仮想通貨全体への関心の高まりがある。特に、金融の専門家やファンドからの関心が高まっていることは間違いないという。政治的混乱の中では特に魅力的だと考える人が増えている。

もう一つの注目すべき傾向は、大手メディアが革新的な資産である仮想通貨へ関心を一層高めていることだ。ニュースで取り上げられることが増えるに従い、より多くの人たちの関心を引き付けるようになっている。

持続的な資金流入

そうした高い関心を示す証拠となるのが、仮想通貨全体の購入額が増え続けていることだ。仮想通貨の時価総額を調査している「コインマーケットキャップ・ドットコム(CoinMarketCap)」によると、仮想通貨全体の時価総額も今年に入って高騰しており、9月1日に一時1780億ドルを超えた。年初来900%以上の上昇となる金額だ。

ICOへの熱狂

「新規仮想通貨公開(イニシャル・コイン・オファリング、ICO)」もまた、投資熱の高まり示すものだ。今年に入り、ICO を通じて調達された金額は10億ドルを超え、9月1日以前の時点ですでに、昨年の6倍に相当する水準に達している。

「セグウィット」

ビットコインの価格を押し上げたもう一つの要因となっているのあが、「セグウィット(Segwit、Segeregated Witness)」を取り入れるという開発者コミュニティーの決定だ。1件当たりの取引データサイズを圧縮したことによって、ビットコインの取引処理能力の向上を実現した。

業界関係者の一人は、「市場参加者らの不安を取り除くことにつながる具体的な進展だ」と述べている。

大幅な進展

ビットコインは今年、著しい進歩を遂げ、いくつかの節目を超えた。そして、その結果として、価格上昇が続いている。ビットコインのデリバティブ(金融派生商品)取引所、ビットメックス(BitMEX)の創業者で最高経営責任者(CEO)のアーサー・ヘイズは、次のように語っている。

「ビットコインは今年、投資家たちが懸念していた多くの問題を克服した。理論的にビットコインの取引容量の問題を解決するセグウィットも取り入れられた。一部の機関投資家らも仮想通貨への投資を始めている」

「最も重要な点として挙げられるのは、主流の金融メディアが仮想通貨について、すでに普及していると認めたことだ」

編集=木内涼子

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい