Close

Forbes JAPAN 会員登録で
3,000円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

国際モータージャーナリスト「ライオンのひと吠え」

写真=スバル提供

2012年に発売になって以来、スバルXVは、地上高が高く、燃費がよくて手頃な価格の4WDコンパクト・クロスオーバーとして、常に人気者だった。

そして、刷新された2017年型には、さらに新しいスパイスが加えられた。パワーが多少増強され、ハンドリング性能も向上し、最新のアイサイト安全技術が装備されたのだ。しかし、なんと言っても、世界で一番安全なクロスオーバーという事実こそが人気の理由と言えるだろう。

今年5月に発売された新XVの販売台数がすでに1万5000台を超えたということは、それがいかにユーザーを惹き付けているかを物語っている。基本的にスバル全体の月間販売目標が2200台だと知れば、この数字の意味がはっきりするはずだ。実際、このエッジィなクロスオーバーは、今スバルで最高に売れているモデルなのだ。

では、このクロスオーバーのどこがそんなに安全なのか? それは、今やスバルの代名詞となったアイサイトという安全技術と、同社がつい最近導入した基本構造「スバル・グローバル・プラットフォーム」(SGP)だ。

アイサイトとはツイン・カメラを使った衝突回避機能で、XVはアダプティブ・クルーズ・コントロール、自動ブレーキ、車線逸脱警告、車線キープ補助、死角モニタリング、後退時支援警報を搭載する。一方SGPは、万が一衝突を回避できなかった時、衝突時のエネルギーを吸収・消散して乗員を保護する構造だ。

通常JNCAPと呼ばれる、日本の新車アセスメント・プログラムが実施する時速64kmオフセット衝突実験の満点は208と設定されているが、最近のテストで、スバルXVは199.7という歴代最高のスコアを実現。つまりJNCAPの実験でもっとも安全だと証明されたクルマなのだ。これによって、同車は名誉ある日本の「衝突安全評価特別賞」を獲得した。

実は、この成績を受けてメディア向けに行われた特別な衝突実験に、僕も立ち会った。過去数年にわたって少なくとも6回は同様のテストを見てきたが、今回この目で見たからこそ、XVのシャシー剛性はこれまでに目撃した中で最高だと明言することができる。

このテストでXVを40パーセントのオフセット・バリアに衝突させた速度は、時速64キロ。日常的なスピードで衝突が起きたときに、どれほどのエネルギーが発生するのかを目の当たりにすると、その全容に眼を見晴らされる。そして考えさせられる──自分のクルマは安全なのか? AピラーやBピラーは、衝撃に耐えるだろうか、と。



JNCAPに準じたこのテストの結果を検証すると、衝撃的だった。実際、スバルの技術者もこの結果に勇気づけられたと話すが、目にしたのは、完全なAピラー、損傷のないBピラー。そして運転席のドアも問題なく開くことができた。ドアがちゃんと開けられ、逃げられるというのが重要なポイントだ。

さらに、運転席エアバッグ、サイド・エアバッグ、そしてカーテン、膝の描くエアバッグも完璧に作動し、ドライバー(運転者の等身大ダミー)を金属やステアリングホイールとの接触から防御していた。

文=ピーター・ライオン

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい