PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

アートアドバイザリー、AKI ISHIZAKA社長。

ヤン・ブリューゲルの《視覚》(五感の寓意より)

今回もvol.4に引き続き、アート界の富豪ランキングともいうべきARTNEWS誌の「TOP 200 Collectors(トップコレクター200人)」2016年版の顔触れについてご紹介したい。

IT界からランクインしている中で目を引くのは、マイクロソフトの共同創業者の一人ポール・アレンと、オラクルの共同創業者のラリー・エリソン。

アレンは、1997年以来トップ200リストの常連だ。ボッティチェリ、モネの「睡蓮」、ブリューゲル(子)、ロスコー、リヒテンシュタイン等のミュージアムピースを多数所有し、全米の美術館にも300点以上貸し出している。

あらゆる人にアート界一厳格といわれる守秘義務誓約書に署名させるせいか、その全貌は未だに明らかでない。自分のオフィスのスタッフでさえ、コレクションについては「ノーコメント」以上は言えないという条項に縛られているというもっぱらの噂だ。

しかし、ここ数年、その一部をシアトル美術館他でコレクション展として公開したりと、徐々に明らかになってきている。アート以外でも、ジミ・ヘンドリックス好きが高じてシアトルにフランク・ゲーリー設計のMoPOP(ポップカルチャー博物館)を建てるなど、豪快に人生を楽しんでいる。

一方のフォーブス富豪ランキング首位のビル・ゲイツはトップ200リストに名は連ねてないものの、ダヴィンチの手稿を約30億円で購入、さらに米国19世紀を代表する画家ウインスロー・ホーマーの傑作を約46億円で購入などのニュースが知られている。アレンほどアート界での表立った活動は耳にしない。しかし、ゲイツの父の再婚相手がシアトル美術館長だったりして、アート界と無縁ではない。

暴れん坊で知られるオラクルのエリソンは究極の日本好きで、日本庭園に囲まれた和風建築の邸宅を持つのは序の口、メガヨットの艦名は“さくら”、そして究極の庭園を有する京都・南禅寺界隈の何有荘を50億円とも噂される金額で購入と、その日本趣味は留まるところを知らない。

日本美術は円山応挙、伊藤若冲などの絵画をはじめ、桃山・江戸時代の美術品を数多く所蔵し、2013年にはサンフランシスコのアジア美術館で展覧会まで催している。

文=石坂泰章

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO