PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I cover leadership, management and careers.

ワシントン州、シアトル(Rigucci / Shutterstock.com)

米国で新しい仕事やキャリアを始めようと思っているなら、目を向けるべきは中部であることを示す調査結果がこのほど発表された。

経済情報サイト「MoneyRates.com」が発表した「生計を立てやすい州ランキング」では、上位10州のうち8州が太平洋にも大西洋にも面していない州だった。

MoneyRatesはランキング作成に当たり、米労働統計局と非営利シンクタンクのタックス・ファンデーションなどのデータを用い、給与の中央値、州所得税率、生活費、失業率などを分析した。上位10州は以下の通り。

1位 ワシントン
2位 ミネソタ
3位 イリノイ
4位 テキサス
5位 コロラド
6位 ワイオミング
7位 バージニア
8位 オハイオ
9位 ミシガン
10位 カンザス

1位となったワシントンは、給与の中央値が4万3400ドル(約490万円)で米国全体の中央値より約6000ドル高く、州所得税がない。特にシアトルは今、熱い都市だ。最近のリンクトインのデータによると、昨年は米国の他のどの都市よりも多くの労働者を集めた。一方で、サンフランシスコの成長ペースは減速している。その原因はおそらく、異常に高い住宅費だ。

2位のミネソタは、失業率が3.8%と米国全体の失業率4.3%よりかなり低い。州内の大手雇用主はメイヨー・クリニック、州政府、ターゲット、ミネソタ大学、ウェルズ・ファーゴなどがあり、それぞれ2万人以上を雇用している。

4位のテキサスは、失業率は5%と特段低くはないが、生活費が米国平均よりも9%低く、州所得税がない。昨年は、オースティンへ移住する労働者が非常に多かった。雇用面では、ヘルスケアや石油の関連企業が多数の従業員を雇っている。テキサスは米国最大のエネルギー産地として石油・天然ガス業界を席巻しており、州の経済規模はカリフォルニアに次ぐ全米2位だ。

では、生計が立てにくい州はどこか? 最下位はハワイで、原因はおそらく生活費が全米平均に比べ67%高いことにある。また州所得税も、オレゴンに続き2番目に高い。

下から2番目はカリフォルニアで、主な理由は高い生活費だ。ワースト10にはこのほか、バーモントとメーンも入った。いずれも生活費が高く、安全性と健康の問題が他州に比べ多いと指摘されている。以下は下位10州のリスト。

ワースト1位 ハワイ
同2位 カリフォルニア
同3位 モンタナ
同4位 ウェストバージニア
同5位 バーモント
同6位 オレゴン
同7位 サウスカロライナ
同8位 メーン
同9位 ニューヨーク
同10位 ミシシッピ

編集=遠藤宗生

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO