Jacob Lund / shutterstock

「ラブ・ミスト(愛の霧)」と呼ばれる奇抜な新サービスが、英国に登場した。マイナス160度にもなる液体窒素の蒸気を性器に向けて30分間噴射することにより、性生活を向上させることができるのだという。

どうやら巷では、金を払って性器を何らかの気象現象にさらすことがささやかなトレンドとなっているようだ。最近グウィネス・パルトローが「女性器スチーム」(局部に蒸気を噴射するサービス)の効能を絶賛したことも記憶に新しい。これと「愛の霧」を組み合わせれば「愛の雨」の出来上がり、といったところだ。次なるトレンドは「愛の雹」あるいは「愛のハリケーン」か…?

英マンチェスターのエステサロン「エインスコー・スパ」が提供するラブ・ミストは、男性と女性の両方を対象としており、価格は1回50ポンド(約7,000円)。その内容は端的に言って、局部的な凍結療法だ。全身凍結療法(WBC)はタンクなどの中に入り全身を氷点下の液体窒素にさらすものだが、ラブ・ミストはこれを、本来なら保護すべき場所に集中的に行う。

一体どういう仕組みでこれが性生活向上につながるのだろう? 英大衆紙サンによると、スパ側はこう説明している。皮膚が氷点下の温度に覆われると触覚器が刺激され、脳が全身に向け血管収縮の信号を発する。これにより血流速度とエンドルフィン量が増してナチュラル・ハイ(自然な高揚感)が生まれ、「精力増進」につながる。

また、皮膚が「凍結」を感じ続けることにより、脳に組織損傷の情報が伝えられ、修復機能が促される。これらがコラーゲンの生産につながり、性器の表面が「若々しく張りがあり、明るく生気ある」見た目になるのだという。

だが第一に、性器は決して「損傷」させるべきではない。局部の肌は他の部位と比べてより敏感だ。婦人科検診で使われる膣鏡にヒヤッとするようであれば、氷点下の風はどう感じるだろう。凍傷の恐れについてはどうか。

もし初回が無事に済んだとしても、施術の繰り返しによる影響は定かではない。皮膚や組織、そして生殖能力に対するダメージが蓄積する可能性もある。学術文献検索サービス「PubMed」を使っても、長期的・短期的な安全性を検証した文献は見つからなかった。

また、スパ側がうたっているメリットの科学的根拠はどこにあるのか。冷気が血管収縮や皮膚の損傷につながるのは確かだが、「精力増進」や「見た目向上」の効能は疑わしい。さらに、全身凍結療法と同じく、正式な訓練や認可制度がなければ、ラブ・ミストの効能や安全性は施術者によって大きく異なる可能性がある。

もちろん、ひんやりとした風に快感を覚える人もいるかもしれない。この広い世の中、彫像(アガルマトフィリア)や、排せつ物(コプロフィリア)、霧(ネビュロフィリア)、樹木(ザイロフィリア)、さらには階段からの転落(クリマコフィリア)にまで興奮を覚える人がいるのだから。

だが、科学的裏付けがとれない限り、ラブ・ミストの効能は主に心理的なものかもしれない。体の特定の部位に冷たいシャワーや氷を当てるのが好きな人がいるのと同じく、性器を冷気にさらすのが好きな人もいよう。どうしても性器凍結を試したい? そんなあなたは、代わりに素敵な彫像でも買ってみたらどうだろう?

翻訳・編集=遠藤宗生

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO