Close

【会員10万人突破記念】
500名様にギフト券をプレゼント!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

Providing insights and news about the global auto business

photo by Anadolu Agency / gettyimages

大失敗に終わりそうな米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプの選挙活動が直面する現実は、ある犠牲者を生み出した──トランプの「ブランド」だ。不動産王トランプはこれまでの方針を転換、新たに展開するホテルには、自身の名を付けないことに決めた。

トランプがミレニアル世代を主なターゲット層としてオープンする新たなホテルは、「サイオン(Scion、名門の子孫、の意味)」と命名された。トヨタが「若者向け」ブランドとして立ち上げ、先ごろ廃止を発表したラインと同じ名前だ。

ブランド化やブランド再構築は、戦略として理にかなったものであり、名称の変更も悪い試みではない。現在70歳のトランプが事業を息子や義理の息子たち徐々に引き継がせていることをみても、「サイオン」という名は納得がいくものでもある。

また、この「サイオン」という名称の使用については、トヨタがブランドの廃止を決めていなかったとしても、商標権侵害の問題にはなっていなかったと考えられる。異なる分野で事業を展開する限り、複数の企業が同じ商標を使うことは認められており、GMの高級車ブランド「キャデラック」とドッグフードの「キャデラック」が共存できるのはそのためだ。今後、「トランプ・ドッグフード」が登場することはあるだろうか。

トランプ・ブランドにはすでに、失敗に終わった「トランプ・ウォッカ」に「トランプ・ステーキ」、ボトル入りの天然水「トランプ・ウォーター」などがある。その他にも、自らの名を冠した大学の運営、衣料品の販売、雑誌の出版もある。

選挙戦はブランドに大打撃

トランプ・ブランドといえばこれまで、派手で華美な印象だった。だが、トランプは11月の大統領選で、現代政治史において例がないほどの大敗を喫するかもしれない。家族や給料をもらっているスタッフを除く誰もが、トランプは自ら高く評価する「勝者」の地位から、「最大の負け犬」になることを予想している。

編集 = 木内涼子

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい