PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

世界37カ国、700万人が愛読する経済誌の日本版

Forbes JAPAN

フォーブス ジャパンは9月24日発売の11月号で、2回目となるCEOランキングを発表する。

そこで、第一回のランキングを一挙公開!

特集ページにて、昨年受賞を果たしてCEOの知られざるストーリーを紹介する。
<CEOランキング特集ページ>

「社長力」ランキング2015では、「フォーブス ジャパン」編集部が掲げる「日本を動かす経営者」を数多く生み出すという方針のもと、投資情報提供会社フィスコの協力を仰ぎ、「社長力」を点数化し、上位100人を選出した。

選定方法は、最初に、日本を動かすというテーマに合う企業規模を持つ会社を、時価総額を指標として上位200社を選んだ。その中から「稼ぐ力」「将来への投資力」「市場評価」「従業員力」の4つの指標で「経営者の総合力」の順位をつけた。

4つの指標は、①ROE(株主資本利益率)、ROA(総資本経常利益率)を基準とした「経営者の稼ぐ力」、②設備投資の効率性を表した「経営者の投資力」、③会社価値をいかに高めたかを表す(時価総額の増減率による)「経営者の市場評価」、④一人当たりの利益額を中心にした「従業員力」である。それぞれの詳細解説はこちら






編集 = Forbes JAPAN 編集部

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE