Close

Forbes JAPAN 会員登録で
3,000円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

消費経済:小売業とそれを改革する人々について執筆

Meika Hollender

28歳の女性、ミカ・ホランダーが父親と営んでいるビジネスは世間から見ると「家庭的」とは言いがたい。何しろ扱っている商品がコンドームと潤滑剤なのだ。

ニューヨーク大学ビジネススクール卒の彼女は約2年前、父のジェフリーと共に「地球と体にやさしいオーガニックのセクシャル・ヘルスケア用品」の販売を開始した。Sustainと呼ばれるそのブランドは、フェアトレードのゴムを使ったコンドームや水ベースの潤滑剤、コットン100%の“事後用”ウェットティッシュ等を扱っている。

父のジェフリーは、エコな洗剤やおむつで有名なセブンス・ジェネレーションの共同創業者でもある。1988年創業の同社は、女優ジェシカ・アルバのHonest Companyをはじめとする自然派ブランドの先駆けであり、ミカは“化学物質不使用”がトレンドになる何年も前からこの業界を見てきた。

「セブンス・ジェネレーションは10年以上前からオーガニックのタンポンを扱っていました」とミカは言う。生理用品を売ることを提案したのは弁護士の母親シーラだった。「そのことは私にとって大きな出来事でした」

現在ジェフリーはセブンス・ジェネレーションを離れているが、以前からコンドームの製造販売を視野に入れており、「Rainforest Rubbers」を商標登録していた。足りないのはマーケティング戦略だけだった。

ドラッグストアのコンドーム売り場に行ったことがある人ならわかるだろう。棚に並ぶのは男らしさを強調した商品ばかり。大抵はダークカラーのパッケージに「マグナム」といった単語が金の文字で書かれている。最大手ブランド、トロージャンのロゴマークもローマ帝国の戦士だ。

一方で、コンドームの購買者の約4割は女性である。潤滑剤における割合はさらに高い。「小売業では、女性がこれらの製品を買っていることは周知の事実。それなのに、なぜメーカーは女性の意見を取り入れようとしないのか?」とミカは疑問を投げかける。

ミカによると、その答えの一つは文化的背景にある。米国ではおおっぴらに性を楽しんだり、性に関するケアを積極的に行ったりする女性は淫乱呼ばわりされるのが現状だ。先進的な街として知られるニューヨークですら、2014年までコンドームの携帯が売春容疑者を逮捕する理由になっていたのだ。

編集=海田恭子

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい