PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

テクノからチャート、その他の音楽業界に関する執筆を担当。

Sascha Steinbach / gettyimages

地球上でいま最も注目を集める女性シンガーの一人が、アデルだ。シングル、アルバムを問わず、発売すれば瞬く間にミリオンセラーとなり、TV番組のライブコンサートでさえ彼女にかかればミリオンをという数字を叩き出すのは簡単だ。

11月にニューヨークのラジオ・シティー・ミュージック・ホールで行われたアデルのライブコンサートを、米NBCが12月14日、1時間の特別番組『アデル・ライブ・イン・ニューヨーク・シティー』としてオンエアした。

情報サイト米Deadlineは、番組の視聴者数を1,120万人としており、NBC系列で放映されたコンサート特番では過去10年間の最多視聴者数を記録したことになる。

放映されたライブのチケットは一般販売という形を取らず、アデル本人のメーリングリストに登録した人からランダムに選ばれて配布された。観覧希望者は大変な数にのぼり、決して大規模とは言えないラジオ・シティーがファンで埋め尽くされ、圧巻のライブが繰り広げられた。

番組で見る限り、ライブではお馴染みの『セット・ファイア・トゥ・ザ・レイン』や、映画『007 スカイフォール』の主題歌『スカイフォール』等のヒット曲が中心に歌われ、オープニングでは新曲の『ハロー』も披露された。アデルは、この他にもイギリスで11月20日にリリースされたばかりの新曲『When We Were Young』、最新アルバム『25』収録曲の『ミリオン・イヤーズ・アゴー』や『オール・アイ・アスク』を熱唱した。

2012年にイギリスで最多ダウンロード数を記録した『サムワン・ライク・ユー』では、曲の最初の方で歌声を止め、最愛のひとサイモン・コネッキ氏に熱いメッセージを送った。この哀愁を帯びたメロディーを、今までとはまったく違う気持ちで歌えるようになったと。アデルは目に涙を浮かべてファンに感謝を伝え、ショーは『ローリング・イン・ザ・ディープ』で幕を閉じた。

NBCはこれまでにもビッグ・スターのライブを特別番組として放映してきたが、アデルほどの視聴率を稼ぎ出したスターは他にいない。今年の夏はエド・シーランのライブを、昨年は同様のスタイルでマイリ-・サイラスのライブスペシャルをオンエアしたが、いずれも視聴者の数は200万人止まりだった。この結果からもアデルの桁違いな人気がわかる。

アデルにとって、今回はアメリカで数年ぶりのライブだったが、今回限りにならないことだけは確かだ。つい最近、アデルは2016年の2月を皮切りに11月まで合計105日間にわたってワールドツアーを行うと発表した。同ツアーではまずヨーロッパ5か国を訪れ、特にロンドンでは2万人収容のO2アリーナで8回の公演を行う予定だ。アメリカではロサンゼルス、ステープルズセンターの6回、ニューヨークのマディソン・スクエアガーデンの6回を含む50回を超えるライブ公演を予定している。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE