Official Columnist

井植 美奈子

海洋環境改善で目指す「持続可能な社会」

ディビッド・ロックフェラーJr.が米国で設立した海洋環境保護NGOのアフィリエイトとして日本法人を設立。水産資源の持続可能な消費をめざす『ブルーシーフードガイド』、マリンスポーツの環境基準『クリーンレガッタ』等のプログラムの開発、運営による啓蒙活動で持続可能な社会の実現を目指す。
京都大学大学院非常勤講師。慶應義塾大学SFC研究所上席所員。

  • さよなら築地、がんばれ豊洲 バルセロナの市場に未来を見た!

    「築地の歴史が閉じる前に、セリの見納めに行きませんか」と、5代にわたって遠洋マグロ漁業を営む、臼福本店の臼井社長に誘われ、筆者は深夜3時過ぎの築地に向かった。築地と言えば、マグロのセリが有名だが、もちろん他にもセリは行われている。早朝5時にはウニのセリがある。セリ場に隣接する冷蔵室には、整然と並んだ ...

  • 英王室もプラスチック削減へ 21世紀のサステナブルな海洋戦略とは

    今年5月、英国はヘンリー王子とメ―ガン妃のウエディングに沸き、ブレクジットの混沌を忘れたかのような晴れやかな話題がひととき続いた。離婚歴や出自をものともせずメ―ガン妃を迎え入れた王室は、常に革新をもたらす古くて新しい英国、いまだ53カ国を数えるコモンウェルスを擁する大英帝国の先進性を、自ら体現して見 ...

  • 「土用の丑の日」の影に潜むブラックウナギ問題

    パンダのシャンシャンは、日本中のファンに見守られながらすくすくと成長している。中国政府の手厚い保護が功を奏し、頭数も2000頭を上回ったことからIUCN(国際自然保護連合)は、2016年にジャイアントパンダの絶滅危惧種カゴリーをIB類からII類へと一段階格下げした。この数の少ない大切な動物に、国民が ...

  • 東京五輪で日本は「食の国際基準」を満たせるか

    トランプ大統領の「アメリカファースト!」の影で、実は日本も東京オリンピック・パラリンピック開催に向け、国際基準から脱却している事実がある。今、アメリカとイギリスで自国ファーストの潮流が水産資源の持続可能性にどのような影響を与えているか、一方の日本で何が起きているかを紹介したい。アメリカでは2017年 ...

  • 東京五輪に向けて問われる「食料調達」の深刻な現実

    2017年3月、世界の富豪・ロックフェラー家の第3代当主、ディビッド・ロックフェラーが101歳で死去した。ロックフェラー家といえばスタンダードオイルを創業して人類に「石油の時代」をもたらした一方、この石油が地球環境を危機的事態にさらしている。父親の逝去にともない、300余名からなるロックフェラー一族 ...

  • ケネディ前大使が語った「ゴミは中国、漁業は日本よ」の意味とは

    ここに掲げた「クジラが打ち上げられた写真」をニュースで時々見かけることはないだろうか?海外だけでなく、今年も宮崎や鹿児島で同じようなことが起きている。原因については、解体された胃袋の中から大量のビニール袋やプラスチックごみが見つかり、消化器系が損傷したとか、あるいは海底の掘削やタンカーのスクリュー音 ...