CONTRIBUTOR

Michael Pellman Rowland

I cover the future of food, as it relates to sustainability.

I’m passionate about the “future of food” and the massive implications it has for human health, climate change, water scarcity, and animal welfare. Follow me @theimpactbible on social media.

  • ビヨンド・ミートがIPOを検討か 米「ビーガン」市場が急成長

    米国では植物性の材料を使って肉の味を再現した「植物肉」や、それらに関する話題を見聞きする機会が大幅に増加している。この分野に対する関心は、金融業界でも高まりつつあるようだ。米CNBCテレビは先ごろ、植物由来の代替肉で作る「ビヨンド・バーガー」を提供し、複数の著名人が出資していることでも知られるカリフ ...

  • ビーガンフードの米新興企業、「新たな卵」で欧州市場に進出へ

    動物由来の成分を使用しないビーガン向け食品のスタートアップ、ジャスト(JUST、旧ハンプトン・クリーク)の手掛ける製品は、シリコンバレーや持続可能な食品を求める人たちの間で高い評価を得ている。持続可能な食品のメーカーとしてはごくまれなユニコーンに成長した同社は、新製品の「JUST Egg」によって、 ...

  • ビヨンセと同じ食生活ができる「22デイズ」、AIで食の未来を支援

    ビヨンセは先ごろ米国で開催された音楽フェス「コーチェラ・フェスティバル」に出演、昨年双子を出産して以来、初となる大舞台でのパフォーマンスを披露した。彼女はこの日から44日前、インスタグラムで「ビーガン(完全菜食主義者)に切り替える」と発表していた。ビヨンセはその際、自身のプロフィールに、ビーガン食の ...

  • 世界で進む「肉食離れ」、ミレニアル世代がけん引

    ミレニアル世代は世界のあらゆる産業を揺り動かしている。食肉産業もその一つだ。消費者は急速に従来の食肉から離れ、植物べースの代替肉を選択するようになっている。これは、数年前から世界的に見られる傾向だ。世界の主要企業およそ4000社を顧客に持つ英調査会社グローバルデータによると、肉を食べない、または消費 ...

  • インドの「代替肉」スタートアップに世界が期待する理由

    インドは今後、鶏肉や牛肉、マトンの消費量が世界で最も多い国の一つになると見込まれている。宗教やその他の要因により、一般的には菜食主義者が多いと考えられている同国だが、データを見ると、必ずしもそうではない。インド内務省統計局の調査によると、15歳以上人口の71%は、菜食主義ではない。つまり、同国の人口 ...

  • チーズがやめられない 理由は「生存本能」にあった?

    あなたを最も悩ませるのは、どちらだろうか?ウェンディーズの「チェダーラバーズ・チーズバーガー」、ピザハットの「チーズクラスト」──。チーズを食べることがやめられないのは、あなただけではない。チーズは食べたい欲求を抑えるのが最も難しい食品の一つだ。ベジタリアン(菜食主義者)がビーガン(完全菜食主義者) ...

  • 糖尿病予防も夢じゃない? テクノロジーが開く「ペプチド」の可能性

    私たちが口にする食べ物には、膨大な数のペプチド(アミノ酸の結合体)が含まれている。例えばコップ1杯の牛乳には50億個のペプチドが含まれる。ペプチドはたんぱく質構造の中に潜んでおり、解放されると、生体の特定の生理的調節機能に対して作用する「生理活性」という特性を持つようになる。科学者たちは長い間、さま ...

  • あなたは知っていた? 食に関する衝撃の事実11選

    食事を目の前にして、「これはどんな道のりを経て自分の元に届いたのだろう?」と思うことは、皆さんにとってはほとんどないだろう。多くの人は、朝食は通勤中に掻っ込み、昼食は自分のデスクで済ませ、疲れ果てて帰宅後にテレビを見ながら夕食をとる生活を送っている。そんな読者の皆さんが、次に食事をとるときに思わず考 ...