CONTRIBUTOR

Ralph Jennings

台湾とアジア地域に関するあまり知られていない話題をカバー

U.C. Berkeleyを卒業した1988年以降、ニュースレポーターとして主要ニュースのほとんどをカバー。日本のメディアである共同通信社では中国共産党の幹部について人民大会堂で取材した経験もある。2006年から台北に拠点をおき、台湾の会社や経済トレンドを取材。2010年までロイター通信で難題を抱える中台関係を集中的に取材した。最近では、中国のハイテク産業の動向を追い、中国をとりまく周辺アジア諸国へと取材範囲が広がっている。

  • 米中対立で好況続く台湾の電子メーカー、iPhone関連の受注が増加

    アップルは最新端末のiPhone 11及び11 Proの販売を9月から開始したが、台湾のサプライヤーや組み立て工場は、昨年を上回る受注を得ることを期待している。米中の貿易摩擦はアップルの中国の工場に打撃を与えた一方で、iPhone 11に搭載された最新鋭のUIチップは、台湾の半導体メーカーに新たな収 ...

  • 台湾で勃発の「電動スクーター」戦争、2大メーカーの勝負

    台湾の電動スクータースタートアップ「ゴゴロ(Gogoro)」は、設立から8年で16万台以上のスクーターを販売した。同社の台湾におけるバッテリー交換所のシェアは97%に達し、ヤマハを含むスクーターメーカー3社と業務提携を結んでいる。環境にやさしい製品で、ゴゴロはスクーター大国の台湾において電動スクータ ...

  • フォックスコン会長が台湾の総統選「出馬断念」に至った背景

    台湾のフォックスコン(鴻海科技集団)の創業者でビリオネアのテリー・ゴウ(郭台銘)は9月13日、最大野党である中国国民党を離党すると発表した。ゴウは、来年の台湾総統選で無所属候補として立候補すると見られていたが、16日には無所属での立候補も見送ると宣言し、支持者に対し「失望させて、申し訳ない」と述べた ...

  • 「3Dセンシング」に商機見出す台湾のサプライヤー企業たち

    台湾のサプライヤー各社は、「3Dセンシング」こそが、モバイルテクノロジーにおける次のブームになると見ている。3Dセンシングによって、スマホの顔認識技術は精度が大幅に向上する。アップルや中国のアンドロイド端末メーカーは、3Dセンシングの研究開発を強化しているという。3Dセンシングが普及すれば、顔認証が ...

  • 「スマホ人口8億人超え」のインドで復活狙う、HTCの野望

    インドは、世界最速で拡大しているスマホ市場だ。台湾のスマホメーカー「HTC」は、2011年をピークに世界シェアが下落を続けており、インド市場に活路を見出そうとしている。テック系メディアによると、同社は1年前に撤退したインドに今年8月、再参入を果たした。報道によると、HTCからライセンス供与を受けたイ ...

  • 電動スクーターで売上増狙うヤマハと台湾「Gogoro」の取り組み

    台湾の電動スクーターメーカー「Gogoro(ゴゴロ)」は2011年の設立以来、16万台以上の電動スクーターを販売してきた。ゴゴロは台湾全土に1300カ所以上のバッテリー交換所を設置し、都市部では500メートルごと、郊外では2〜5キロメートルごとに設置されている。このインフラに魅力を感じた日本のヤマハ ...

  • 「電動スクーター版テスラ」として注目、台湾Gogoroの野望

    台湾の電動スクーター企業「Gogoro」は、2011年の設立以来、優れたデザインとバッテリーのシェアリングサービスで一気に業界のリーダーに躍り出た。同社は累計16万台のスクーターを販売しているが、これはテスラが世界中で販売した車両台数の3分の1に迫る数字だ。同社のCEOで共同創業者のHorace L ...

  • HTCが発売、5G通信を劇的に便利にする「ハブ」デバイスの実力

    台湾のスマホメーカー「HTC」は、2011年をピークに市場シェアを落とし続けており、調査会社IDCのデータによると、昨年はわずか1%だった。同社は2017年には赤字に陥ったが、昨年はグーグルにスマホ事業の一部を売却して黒字を確保した。業績回復を目指す同社は、5G通信向けのスマートハブをリリースした。 ...

  • 小学校から「AI教育」導入、台湾政府のサバイバル戦略

    台湾政府は、世界的なハイテク競争で生き残りを図るためAI人材の育成を強化している。台湾は長年、電子機器の受託生産を強みとしてきたが、最近では海外企業の多くがより安価な中国に製造をシフトしている。一方でこの1〜2年でグーグルやマイクロソフト、エヌビディアなどの大手IT企業が、AI分野で台湾への投資を拡 ...

  • 台湾総統目指すフォックスコン会長の「政治家の資質」

    電子機器の受託生産(EMS)で世界最大手の台湾「フォックスコン(鴻海精密工業)」を率いるテリー・ゴウ(郭台銘)董事長が、来年実施される台湾総統選挙に立候補する意志を明らかにした。ゴウは対中融和路線をとる野党の国民党(KMT)の予備選に参加し、総統候補に指名されることを目指す。台湾ではゴウのような著名 ...

  • 「法人向けVRデバイス」で業績回復狙う台湾HTCの試み

    台湾のHTCはかつてスマホ市場の主要メーカーだったが、ここ数年はVR(仮想現実)デバイスへの注力を深めている。HTCは今年2月、PCとの接続が不要なスタンドアローンタイプのVRヘッドセット「Vive Focus Plus VR」を発表し、新たな顧客をVR空間に呼び込もうとしている。HTCの中国支社の ...

  • グーグルが台湾を「アジアの最重要拠点」に位置づける理由

    グーグルは昨年3月、台湾で300人を雇用し、5000人の学生にAI(人工知能)関連のプログラム講座を提供するとアナウンスした。そのニュースが伝えられたのは、グーグルが台湾のHTCのスマホの製造部門の一部を買収し、従業員2000人を吸収した直後だった。グーグルは、さらに台湾での人材獲得に注力する模様だ ...

  • 中国市場を目指す台湾の起業家たち、成功するのは「1%」

    中国政府は台湾の若手起業家を誘致するため、各種のインセンティブを提供している。中国は台湾を自国の一部と主張しており、台湾との距離を縮めるためにこれまでにも台湾の投資家にアプローチを図ってきた。しかし、1月に台湾政府が行ったアンケート調査では、国民の80%が自治を希望すると回答した。台湾の行政院大陸委 ...

  • 世界3位のスマホ市場、インドで復活狙う台湾HTCの思惑

    台湾のスマホメーカー「HTC」は、世界第3位のスマホ市場であるインドで事業拡大を図るため、地場ベンダーとライセンス供与に関する協議を進めていることが明らかになった。このニュースを報じたインドの経済誌エコノミック・タイムズによると、HTCが協議を進めているのは、「Karbonn」「Lava」「Micr ...

  • 製造拠点として急伸のカンボジア、台湾の投資額は年200億円

    アジア地域でベトナムに次ぐ新たな投資先として期待を集めるのが、カンボジアだ。台湾の製造業者らは、カンボジアでの工場建設の動きを活性化させている。かつて紛争地域として知られたカンボジア経済は近年、ベトナムよりも安い労働賃金に後押しされ、拡大を続けている。2012年頃までは、カンボジアは物流インフラが未 ...

  • EUでのビジネス拡大を望む台湾企業と、中国政府の妨害

    台湾は、主要な貿易パートナーであるEUと新たな貿易協定締結に向けた交渉を進めている。昨年、EUと台湾の貿易額は、620億ドル(約6.9兆円)に達した。EUは2015年に「台湾と投資協定を締結する交渉を行うことを検討する」と発表していた。台湾は、EUと自由貿易協定を結びたい考えだが、経済力を増す中国の ...

  • 「ゲーマー向けスマホ」で一点突破狙う台湾エイスースの挑戦

    台湾のエイスース(ASUS)は、2月中旬に新型スマートフォン「ZenFone Max M2」と「Max M2 Pro」をリリースした。両モデルのセールスポイントは、大容量バッテリーと高画質だ。同社は、過去10年に渡って斬新なスペックの携帯電話やPC、小型ロボットを開発してきたが、競合メーカーも似た製 ...

  • アップルの新iPad Miniで業績回復狙う台湾企業、コンパルの内情

    アップル製品の受託製造を請け負う台湾企業としては、フォックスコン(鴻海)やペガトロン(Pegatron)が有名だが、「コンパル・エレクトロニクス(仁宝電脳工業)」も2017年以降、iPadの製造を請け負っている。設立35年のコンパルは、主にパソコンやモニター、ロボットを製造しているが、新型iPad ...

  • ストライキで損失13億円、中華航空パイロットたちの不満

    台湾の中華航空(チャイナエアライン)に勤務する、あるパイロットは昨年、12日間の間に63時間のフライトをこなしたが、休みがとれたのは2日だけだったという。地元メディアThe Reporterの報道によると、そのパイロットは過労により次のシフトをこなせなくなったという。中華航空のパイロット約600名が ...

  • フォックスコンが「アップルの次」に望みを託すスマホメーカー

    台湾のフォックスコン(鴻海)は、iPhoneの受託製造を請け負う企業として有名だが、同社は新たな収益源を求め、実質的に自社製品と呼べる端末の製造に乗り出した。フォックスコン傘下の「FIH Mobile」は、「ノキア」ブランドの携帯電話を手掛けるフィンランド企業「HMD」の株式を6%保有しており、HM ...