PwC Japanグループ スポーツビジネスアドバイザリー

PwC Japanグループ スポーツビジネスアドバイザリー|Official Columnist

PwCは、世界155カ国に及ぶグローバルネットワークを有し、監査、税務、コンサルティングなどのサービスをクライアントに提供しています。スポーツビジネスの分野では、スイス、米国、英国などにおいて専門のチームを有し、国際競技団体やクラブチーム、企業等さまざまな関係者に対して戦略策定、市場分析、ガバナンス構築などの幅広いソリューションを提供しています。

菅原政規|PwCコンサルティング合同会社ディレクター。2005年より現職。中央省庁等の公共機関に対するコンサルティングに携わり、調査、業務改善、情報システムに至る案件を多く手がける。近年は、スポーツ政策及びスポーツ関連企業・団体向けのコンサルティングを実施。PwCが毎年発行する「PwCスポーツ産業調査」の日本版監修責任者。早稲田大学スポーツビジネス研究所招聘研究員。

安西浩隆|PwCコンサルティング合同会社シニアアソシエイト。2017年より現職。University of California, Berkeley卒。在学中はUC Berkeleyアスレティックデパートメントにてセールスやマーケティングの施策立案・実行に携わった他、スポーツ庁にて日本版NCAA(現UNIVAS)に関するインターンシップに従事。PwC入社以降は複数のスポーツ案件に従事するとともに、海外PwCスポーツビジネスアドバイザリーとの連携に務める。

Global Sports Industry Insights