CONTRIBUTOR

Ken Silverstein

I write about the global energy business.

With a background in economics and public policy, I've covered domestic and international energy issues since 1998. I'm the editor-in-chief for Public Utilities Fortnightly, which is a paid subscription-based magazine that was established in 1929. My column, which also appears in the CSMonitor, has twice been named Best Online Column by two different media organizations.

  • コロナ禍に揺れる米クリーンエネルギー業界、50万人が失業の危機

    新型コロナウイルスは米国を不意打ちし、猛威を振るっているが、その影響で大打撃を受けているのがクリーンテック(環境関連技術)セクターだ。米国内では約340万人がこのセクターで働いているが、3月だけで10万6000人が職を失い、さらに夏までにこの数字は50万人にまで跳ね上がる恐れがあるという。電気技師や ...

  • スマート都市が支える中国の経済成長 蘇州の工業区などがモデルに

    その地域はどこか、映画のセットとして構想されたかのような印象を与える。しかし、中国の江蘇省蘇州市にある「蘇州工業園区」は実際に活動している地域、もっと言えばシンガポールとの協力事業の開発区である。一帯は25年前には農地だったが、それを周到な計画の下に開発し、これまでに売り上げ上位の「フォーチュン50 ...

  • グレタ・トゥンベリが白人の高齢男性をいら立たせる理由

    米誌タイムが「今年の人」に16歳の環境活動家グレタ・トゥンベリを選んだと発表するとその直後から、ドナルド・トランプ米大統領をはじめとする多くの人が彼女にきつい言葉を投げ付け始めた。こうした“嫌がらせ”は、より根深い問題が引き起こしている症状の一つだ。その問題とは、経済の時代が ...

  • テスラが新版「ソーラールーフ」導入へ 太陽光事業への注力誓う

    米カリフォルニア州の電力会社パシフィック・ガス・アンド・エレクトリック(PG&E)は、カリフォルニア州北部の約94万世帯を対象に計画停電を実施している。この動きは、同州が山火事と闘い電力網改善に取り組む中で今後も続くだろう。しかし一方では、新たな取り組みが始まっている。米電気自動車(EV)大 ...

  • アフリカが抱える2つの問題 廃棄物の電力化が解決策に?

    環境に優しい生活を送ることは、ゴミを捨てることを意味するのかもしれない──。南アフリカのケープタウンでは廃棄物発電所を活用し、埋め立てられる廃棄物を減らしつつ、環境に優しいエネルギーの割合を同国の電力供給量の5分の1まで増やしている。電力危機に見舞われる南アフリカでは、送電網が電力需要を支えきれなく ...

  • トランプが環境分野で「捨てた」チャンス、矛盾する中国を支援

    米国のトランプ政権が世界各国で放棄したチャンスを、中国が捉えている。各国のインフラ基盤の拡大を、中国は幅広く支援している。「一帯一路」構想として知られる最も野心的なプロジェクトの下、中国はアジアからアフリカ、中東、欧州までをつなぐ鉄道と高速道路、パイプラインを建設し、広範なネットワークを構築しようと ...

  • アフリカの電力事業を重視するビル・ゲイツ、原発にも積極的

    マイクロソフトの共同創業者ビル・ゲイツは2月、エチオピアの首都アディスアベバで開かれたアフリカ連合(AU)の首脳会議に出席し、自身が現在、最も情熱を傾けていることについて語った。それは、アフリカの人々、そしてクリーンエネルギーについてだ。より具体的に言えば、人口が増すこの地域の人々に、気候に優しい方 ...

  • 環境対策に注力する米企業が急増、85%が「今後3年に具体的行動」

    米国では数多くの企業が、「新エネルギー経済」への移行に向けて準備を進めている。温室効果ガスの排出量を減らし、自社に必要なエネルギーを持続可能な燃料でまかなうことに力を入れているのだ。関連技術の低価格化を背景に、企業の間では、対策を実行に移すべきとの認識が急速に広まりつつある。だが、企業の多くは再生可 ...

  • 米主要企業が「アメリカ・ファースト」を警戒する理由

    ドナルド・トランプ大統領が掲げる「アメリカ・ファースト」は、同国を孤立主義に向かわせる可能性がある。そして、それは米国経済に幅広く、予期しない結果をもたらすことになるかもしれない。米経済界は、そのことをよく理解している。そう理解しているからこそ、多くの米企業は(トランプが初めて出席した北大西洋条約機 ...

  • 中国とインドの温暖化対策に米国が一役買う?

    世界170カ国の代表がパリに集結し、温暖化防止に向けての二酸化炭素排出削減目標について活発な議論を交わしている。しかしながら、それは同時に先進国と開発途上国の間の大きな隔たりを改めて浮き彫りにさせている。人間活動による気候変動が始まったのはヨーロッパの産業革命までさかのぼるという。そして、その恩恵を ...