Forbes Staff

Emily Canal

I manage the homepage and cover the day's news

I am the homepage editor and cover whatever crosses my keyboard. Before joining Forbes, I wrote for The New York Times, The Boston Globe, The Daily and POLITICO. My career started with sports coverage for The York Weekly in Maine before I was old enough to have a driver’s license and has brought me to New York City (with the help of a lot of coffee). Mainer, surfer and (bad) movie aficionado. Email me at ecanal@forbes.com Tweet me at @emilycanal

  • トランプ財団に矛盾、支持しない活動団体に寄付

    米国のドナルド・トランプ次期大統領は選挙戦での勝利が確定した後も、イスラム教国からの移民を対象とした登録制度の導入やメキシコとの国境への壁の建設など、移民政策に関する方針で批判にさらされている。その次期大統領の慈善団体「ドナルド・J・トランプ財団」が2008~14年、トランプが掲げる一連の政策に反す ...

  • 米男性のおしゃれを変えた? 月額千円の「靴下お届け定期便」が人気

    郵便物と靴下──あまりなじみのある組み合わせではない。だが、フット・カーディガン(Foot Cardigan)のブライアン・デルーカ最高経営責任者(CEO)はこの組み合わせに「何か」を見出した。そして、この新しい「定期購入サービス」は、奇抜なデザインの靴下の需要の増加に伴い、急成長を遂げている。フッ ...

  • 支持政党は食の好みも左右する? 米主要2党で人気のメニューとは

    米国の主要政党、共和党と民主党が自党の大統領候補を選出する方法は異なる。そして、その両党の支持者たちは好んで食べるものも大きく異なっているようだ。米誌タイムは先ごろ、オンライン出前注文サービスのグラブハブ(GrubHub)から得たデータを基に、214の連邦下院選挙区(予備選では、州レベルの党員集会に ...

  • アイスバケツチャレンジから2年、ALS研究に画期的成果

    バケツに入った氷水を頭からかぶり、筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の支援を訴えるアイスバケツチャレンジは、もう遠い昔のことのように感じる。しかし、このキャンペーンを通じて集まった寄付金による数々の研究は、成果を出し続けている。米ALS協会は7月25日、研究者たちがALS発症に関連のある遺伝子を特定し ...

  • 「働くための出費」米では年間34万円以上、内訳と節約法とは

    通勤にかかる交通費や朝のコーヒーは、働く人たちの財布に大きな影響を与えているようだ。このほど発表された調査結果によると、米国で働く人たちは毎年、仕事に関連して約3,300ドル(約34万4,800円)を支出していることが分かった。求人求職サイト大手、キャリアビルダーがさまざまな業種の民間企業でフルタイ ...

  • 再就職に楽観的な雇用労働者が増加 理想の仕事に就くための4か条とは

    もしも今日、仕事を失ったらあなたはどう感じるだろうか?アメリカでは、企業の従業員の半数以上が、半年以内に新しい就職先が見つかると確信しているようだ。米キャリア情報サイトのグラスドア(Glassdoor)の調査によれば、雇用労働者の54%が、突然失業しても半年以内に、自分の経験に合った、現職と同じ報酬 ...

  • 寄付型クラウドファンディングが過去最高額を調達 銃乱射事件の被害者を支援

    主に個人的なニーズへの支援の呼びかけを目的とする資金調達サイト、「ゴー・ファンド・ミ―(GoFundMe)」への寄付金額が、これまでにない勢いで急増している。募集開始からわずか2日間で、同社としては過去最多となる310万ドル(約3億2,900万円) を集めた。その他のクラウドファンディングとは一線を ...

  • インスタグラムだけではない──ロゴ変更は企業の「決意表明」、各社の新旧デザインを紹介

    画像共有アプリのインスタグラムは5月11日、ビンテージカメラをモチーフにした従来のロゴを、よりシンプルでカラフルなデザインに変更した。ポラロイドカメラも思わせるこれまでのアイコンを変えたインスタグラムには、批判の声も相次いでいる。だが、すでに消費者の間に浸透した自社ブランドのロゴをシンプルなものへと ...

  • 野外音楽フェスシーズン到来! 先陣切るコーチェラの特徴とは

    「コーチェラ・フェスティバル」は単なる音楽フェスティバルではない。数多くの著名人たちも集まる文化イベントだ。会期中はソーシャルメディアのフィードもコーチェラの話題であふれ、会場ではファッションのトレンドをみてとることもできる。カリフォルニア州の砂漠地帯で行われるこのイベントは毎年、全米各地で開かれる ...

  • 推定1,420万円のドレスも! オスカー授賞式レッドカーペット

    アカデミー賞は毎回、何かとさまざまな議論を呼ぶものだ。候補者や受賞者など、毎年色々なことが取りざたされる。だが、いつでも必ず話題になるものが一つある。大物女優やセレブたちが身に着けてレッドカーペットを歩く、一目見れば目が離せなくなるようなドレスだ。テレビ番組などでセレブが着用した服やアクセサリーなど ...

  • アカデミー賞授賞式、SNSで最も話題になったのは誰?

    2月28日に開催された第88回アカデミー賞の授賞式は、各賞にノミネートされた俳優が白人ばかりだったことが問題になった。一方で、ソーシャルメディア上で同日に最も高い人気を集めたのは、黒人俳優でコメディアンのケビン・ハートと、コロンビア出身の女優ソフィア・ベルガラだったことが分かった。テレビ番組などでセ ...

  • 米共和党の大統領候補狙う知事、中絶行う病院への補助を中止

    米大統領選挙で共和党の候補指名を争うオハイオ州知事のジョン・ケーシックは2月21日、州内の一部の医療機関を対象とした約130万ドル(1億4,600万)の財政支援を打ち切る法案に署名した。対象となるのは中絶処置を実施している病院などで、今後はがん検診を行う医療機関に対し、同額の補助金を支給する方針。支 ...

  • 米政府 がん治療プロジェクトに約6000億円を拠出

    オバマ大統領は1月12日夜、任期中最後となる一般教書演説で、ジョー・バイデン副大統領をがん治療の国家プロジェクトの統括者にする方針を示した。また、米国国立がん研究所(NCI)が2016会計年度に52億1000万ドル(約6152億円)の予算を獲得したことも発表された。予算額の増加幅は2003年以来最大 ...

  • ザッカーバーグが推進する「女性活用」の達成度

    マーク・ザッカーバーグは「今年の目標は自分の家で使える人工知能を作り上げることだ」と1月3日にフェイスブック上で表明した。そして、その投稿にダーレーン・ハッカマー・ロレッタという人物が、自分は孫娘たちにこう言ったとコメントを寄せた。「あなたの学校にいるテクノロジー好きなギークと付き合いなさい。きっと ...

  • 世界的流行の「二日酔い専門クリニック」 点滴で飲み過ぎを治療

    飲み会が続く年末年始。二日酔いに悩まされる人も少なくないだろう。オーストラリアに新しくできたハングオーバー・クリニックは、最近増えている二日酔いを点滴で治してくれる施設だ。だが大枚をはたいて受けるほどの治療ではない。国立アルコール乱用依存症研究所のGeorge F. Koob所長は、点滴によって二日 ...

  • ドナルド・トランプは退役軍人の味方なのか

    アメリカ共和党の大統領候補を狙う不動産王ドナルド・トランプが、次回の討論番組への出演料としてCNNに500万ドル(約6億円)を要求したという。その際、出演料は全額を退役軍人とWounded Warrior Foundation(負傷兵プロジェクト基金)に寄付するとしたのだそうだ。フォーブスの調べによ ...

  • 2015年米国テレビパーソナリティ収入ランキング

    自称「キング・オブ・オールメディア(あらゆるメディアの王)」ことハワード・スターンが再び、フォーブスの「2015年米テレビパーソナリティ収入ランキング」を制した。もっとも、その王冠を次にどこに置くつもりなのかは未定である。スターンは2014年6月から2015年6月までの期間に合計9,500万ドル(約 ...

  • 米、オバマ大統領がFacebookを始めた理由

    先日、フェイスブックへの投稿を開始して話題なのが米国のオバマ大統領。11月9日にフェイスブックページを開設したオバマは、早速多くの写真を投稿した。式典で宣誓をする自らの姿や、結婚式を訪れた際の写真などを掲載し、ホワイトハウスの主の実像を生き生きと描写した。そこには、残された14ヶ月の任期をこのままで ...