Sebastian Blanco

.

I have been writing about electric vehicles, hybrids, and hydrogen since 2006. My articles and reviews have appeared on most of the big green car blogs, Automotive News, The New York Times, Car Talk, and other places. I believe the shift away from gasoline-powered vehicles is important and interesting not just for the auto industry, but for the world as a whole. Throw in the more recent shift to autonomous vehicles, and there are more interesting changes happening now than most people can wrap their heads around. And let's not forget that EVs can be tremendously fun. If I've learned anything in my years on this beat, it's that once you've driven electric, you don't want to go back.

  • スウェーデンのEV企業Einrideがドイツ大手スーパーと提携拡大

    スウェーデンの物流系スタートアップの「アインライド(Einride)」は、自律走行するEV(電気自動車)トラックで人々の暮らしを変えようとしている。同社は4月22日、世界に約8000店舗を展開するドイツのディスカウントスーパー「リドル (Lidl)」とのパートナーシップを拡大するとアナウンスした。ア ...

  • イスラエルのOtonomoがBMWと連携強化、リアルタイムの交通情報提供

    イスラエルのスタートアップ企業「Otonomo」は、コネクテッドカーが取得したデータを活用することを目的に、自動車メーカーやアプリ開発者をつなぐクラウドプラットフォーム「Otonomo Automotive Data Services Platform」を運営している。Otonomoは4月14日、B ...

  • 欧州に本格進出の中国EVメーカー「Byton」2021年には納車へ

    グローバルブランドを目指す中国のEVメーカー「Byton(バイトン)」は、今年後半から欧州市場向けに電動SUV「M-Byte」の予約販売を開始し、2021年末までに納車すると発表した。同社は、公式サイト上で既に予約受付を開始しており、これまでの総予約台数6万5000台のうち、2万5000台が欧州から ...

  • 韓国現代自動車が120億円注ぐ、英EVスタートアップArrivalの実力

    英国に本拠を置くEV(電気自動車)メーカー、「Arrival」はこの分野で知る人ぞ知るポジションにある企業だ。1月16日、Arrivalは韓国の現代自動車とその傘下の起亜自動車(Kia)から、1億ユーロ(約123億円)の出資を受けたとアナウンスした。Arrivalと現代、起亜の3社は今後Arriva ...

  • 「バターを積んだ自動運転トラック」が北米大陸横断に成功

    シリコンバレー本拠の自動運転テクノロジー企業「Plus.ai」は、トラック向けの自動運転に注力している。同社は12月10日、レベル4の自動運転トラックによる、米国横断貨物輸送を成功させたと発表した。同社の自動運転トラックは、カリフォルニア州トゥーレアリからペンシルベニア州クエーカータウンまでの280 ...

  • カリフォルニアがロボット配送を認可、ソフバン出資先に吉報

    カリフォルニア州の車両管理局(DMV)は12月17日、自動運転車の公道上のテストに関わる規制の緩和をアナウンスした。今回のルール変更で、州から認可を受けた場合、車体重量が約1万ポンド(約4.5トン)以下の自動運転車両を用いた、商用の貨物輸送のテストが公道上で可能になる。これにより自動運転のデリバリー ...

  • ウォルマート、自動運転Nuroと食品の「ロボット配送」開始へ

    シリコンバレーのデリバリーロボットのスタートアップ企業「Nuro」とウォルマートが組んで、米国のヒューストンの都市部で生鮮食品のロボット配送を始動させようとしている。Nuroとウォルマートは12月10日、今後数カ月以内に自動運転車両を用いた配送サービスを開始すると宣言した。価格は「手頃なもの」になる ...

  • BMW幹部らが設立の中国EVメーカー「バイトン」、米国進出へ

    11月20日に開幕するロサンゼルスモーターショーを前に、中国のEV(電気自動車)メーカー「バイトン(Byton)」が、米カリフォルニア州当局から自動車販売のライセンスを正式に取得したと発表した。同社は現地法人のByton Cars Californiaを立ち上げ、SUV車両「M-Byte」の販売を開 ...

  • シャオミが出資する「自撮り対応のEVメーカー」小鵬汽車

    中国の新興EV(電気自動車)メーカー「Xpeng Motors(シャオペン、小鵬汽車)」は先日、シリーズC資金調達を実施し、合計4億ドル(約436億円)の資金を複数の出資元から調達した。今回の調達を主導したのはスマホや家電製品で知られるシャオミだ。テスラの競合の1社にあげられるシャオペンは2モデルの ...

  • 電気自動車に新風吹き込む「MINIクーパーSE」3万ドルで発売へ

    BMWは、コンパクトカーブランド「MINI」のEV(電気自動車)版モデル「MINIクーパーSE」を2020年3月から米国で2万9900ドル(約325万円)から発売する。英国で生産されたMINIを米国に輸入するためには850ドルが加算されるが、米国のEV減税措置との組み合わせで、実際の価格はさらに安く ...

  • ファーウェイ「5Gの自動運転活用」に意欲、アウディらと協業

    中国のファーウェイは米トランプ政権による禁輸措置の対応に苦戦中だが、同社は匿名の米国の通信企業らに対する、5Gネットワーク技術の提供に向けた、話し合いを開始した模様だ。ファーウェイ幹部が10月18日、ロイターの取材に述べた。ファーウェイはまた、自動運転車向けの5Gレーダー技術の開発にも興味を示してい ...

  • テスラの上海工場を中国政府が認可、年内にEV車を現地生産へ

    テスラが中国での車両の製造許可を取得したことが、中華人民共和国工業情報化部が開示した書類で明らかになった。ロイターは10月17日、テスラが「ギガファクトリー上海」でのEV(電気自動車)車両の製造を、準備を整え次第、開始できると伝えた。テスラは以前から、年内に上海での製造を開始すると宣言していた。ギガ ...

  • 中国EVメーカー「ファラデー」CEOが辞任、後任に元BMW幹部

    中国のEV(電気自動車)メーカー「ファラデー・フューチャー」は先日、創業者のジア・ユエティン(賈躍亭)がCEOを辞任し、後任に元BMW幹部のCarsten Breitfeldを迎え入れたことをアナウンスした。Breitfeldは、同じく中国のEVメーカー「バイトン」の共同創業者としても知られている。 ...

  • BMWのEV用バッテリーを採用の「電動ボート」メーカーの挑戦

    EV(電気自動車)は陸上のモビリティに革新をもたらしただけでなく、水上の交通にもイノベーションをもたらそうとしている。ドイツの電動船外機メーカー「トルキード(Torqeedo)」はBMWのEV車両のi3やi8に搭載されているバッテリーを、電動ボートに利用している。トルキードは、クリーンエネルギーを使 ...

  • 「自動運転は怖い」と考える消費者は71%、米調査で判明

    自動車業界が新たなテクノロジーの導入に意欲を示す一方で、一般消費者が自動運転車やEV(電気自動車)を求める意欲はさほど高まっていないことが明らかになった。調査企業J.D. Powerとサーベイモンキーらは、消費者のEVや自動運転車に対する信頼度を調査した。その結果、消費者の自動運転に対する信頼度はま ...

  • 「高級EV」が不調のテスラ、利益率が縮小の見通し

    テスラの安価版車種「モデル3」の売れ行きは好調のようだ。しかし、一方で高級車種の「モデルS」や「モデルX」の売れ行きは減少しており、テスラの利益幅は縮小に向かう見込みだ。ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は7月23日の記事で、「ドミニオン・クロスセル・レポート」のデータを掲載した。それによる ...

  • 「オート三輪型EV」で観光ツアー、サンフランシスコで始動

    かつての「オート三輪」を思わせる、小型3輪タイプのEV(電気自動車)として注目を集めるのが米国のアーキモト(Arcimoto)だ。先月、アーキモトは同社の車両がサンフランシスコで3輪ゴーカートによるツアーを提供する「ゴーカー・ツアーズ (Go Car Tours)」に採用されると発表した。ゴーカー・ ...

  • 「電動ゴミ収集車」で注目のスタートアップLION Electricの挑戦

    電動式バス及びトラックの製造を手がけるカナダの「LION Electric」は4月に都市型電動トラック「Class 8」を発表し注目を集めたが、先日はモントリオールで開催のモビリティサミット「Movin’On Summit 2019」で電動ゴミ収集車を発表した。「このゴミ収集車は大きな注 ...

  • 北米EV自動車の新トレンドは「3輪型」 160万円で買える車両も

    米国やカナダではかつて「オート三輪」と呼ばれた小型の3輪タイプのEV(電気自動車)車両が注目を集めつつある。米国のアーキモト(Arcimoto)は今年2月から予約注文の受付を開始したほか、アンペア(Ampere)も2017年のロサンゼルスモーターショーで、スタイリッシュな高級EVスポーツカー「アンペ ...

  • クルマの概念を根底から変える「インホイールモーター」の力

    EV(電気自動車)などに使われる、車輪のハブ内部に装備された電気モーターをインホイールモーターと呼ぶ。インホイールモーターの歴史は古く、初めて特許が登録されたのは1884年のことだ。近年では、日産がインホイールモーターについて言及したり、トヨタがインホイールモーターを採用したコンセプトモデル「Fin ...