FORBES STAFF

Randall Lane

フォーブス誌エディター。わが人生の基盤はビジネスと社会貢献活動、そして食べ物!

フォーブス誌エディター。世界が抱える問題を解決するのは企業家型資本主義と、市場本位の思考だと確信している。フォーブスでの仕事は今回が二度目。一度目は1991年~1997年で、記者、ライター(5本の特集記事を執筆)、共同編集者、ワシントン局の局長を務めた。その後はP.O.V. Magazine (Adweekの「スタートアップ・オブ・ザ・イヤー」に選定)の共同設立、Doubledown Media社(Trader Monthly、Dealmaker、Private Air等を発刊)の設立など、様々なスタートアップに携わった。趣味はレストランのレビューで、学生時代から多くの雑誌に寄稿を続けている。おかげで痩せられないが、ワインについての記事がナショナル・マガジン・アワードのファイナリストに選ばれたこともある。世界中の優れたビジネスパーソンを取材し記録してきた経験を糧に企業家として成功し、企業家として積み重ねた時間を礎に、今は明敏なビジネスジャーナリストとして活躍している。こうした歴史を詳しく記した著書「The Zeros: My Misadventures In the Decade Wall Street Went Insane」はペーパーバックでも発売中。

  • 「数字」に執着する男 トランプ大統領独占インタビュー

    トランプが過去にホワイトハウスを「ごみ山」と呼んだという噂が本当だったとしても、それは既に昔の話だ。トランプは今や、ホワイトハウス西棟の小さな書斎で、自身が取り付けさせたシャンデリアや、リンカーンとルーズベルトを描いた油絵について冗舌に語る。金を基調とした改装がなされた大統領執務室では、歴代大統領が ...

  • バフェットから全ての投資家へのアドバイス、究極の投資先は「自分」

    自分が本当に興味を持てるもの、つまり「投資」に7~8歳のころに出会うことができた私(ウォーレン・バフェット)は、幸運だった──。地元であるネブラスカ州オマハの公立図書館に置いてあった投資関連の本は、11歳になるころまでに読破した。中には繰り返し読んだ本もあった。また、父がたまたま投資業務に携わってい ...

  • フォーブス記者が見た「裸のドナルド・トランプ」

    いよいよ佳境を迎える2016年、米大統領予備選挙。この展開を予測できた人が、果たしてどれだけいただろうか。暴言や挑発を繰り返しながらも、首位を快走する“不動産王”。選挙活動中のトランプへの独占取材でわかった、彼の真価とは?いっさい電話をつなぐなーー。地球上で最も引っ張りだこの ...

  • フォーブス「アンダー30サミット」に超人気ラッパーらが出演

    10月のフォーブス主催「アンダー30サミット」のフィナーレに「アンダー30ミュージックフェスティバル」が開催される。 若手シンガーのショーン・メンデス(Shawn Mendes)や、ヒップホップ界のカリスマのフェティ・ワップ(Fetty Wap)も出演する。 その他、バイオリニストのリンジー・スター ...