Abdullahi Muhammed

I cover smart freelancing, the gig economy and remote work.

I am a writer, entrepreneur and the proud founder and CEO of Oxygenmat. I graduated summa cum laude from University of Ilorin with a degree in Law, winning the award of the Best Graduating Student in the Faculty of Law. I started writing in 2009 and honed my skills by entering over 100 writing contests, winning 11 of them. I got into freelance writing and grew the business pretty fast, to the point when I had more work than I could handle alone, and started my company, Oxygenmat. Today, I help people succeed at freelancing and content marketing, and I have been featured on World Economic Forum, Entrepreneur, Inc., The Huffington Post, Search Engine Watch, The Next Web, Engadget, among others.

  • 海外のリモートワーカーと仕事するときに気をつけるべき6つのこと

    企業は遠隔勤務者を採用すれば、世界中から人材を集めることができる。それと同様に、遠隔勤務者は世界中から顧客を集めることができる。これはどちら側にとっても素晴らしいことだが、海外の顧客と遠隔で仕事を行う上では独自の課題がある。ここでは、別の国の顧客と契約する前に考えておくべき6つのことを紹介する。1. ...

  • 米ギグワーカーの4割が年収1000万円超 高収入を得るコツは

    米国のギグワーカーの2018年の総収入が1兆4000億ドル(約152兆円)だったのをご存知だろうか? さらに、決済業界情報サイト「PYMNTS.com」の最新報告書「ギグエコノミー指標(Gig Economy Index)」によると、ギグワーカーの40%が今や10万ドル(約1090万円)以上稼いでい ...

  • フリーランスは忘れるべき5つの誤った通念

    従来型の雇用からフリーランスに移行すると、私たちの仕事における生活は変容を遂げる。その変化の基本的な部分を、あなたはもう理解しているだろう。自分の労働時間を決めることや顧客の獲得、自分自身のマーケティング、経費をカバーして利益を上げるためにどれほど稼ぐ必要があるかを明らかにすることなどは、全てあなた ...

  • 企業が社員にフリーランスを推奨すべき理由

    従来の職場環境では、従業員の副業が推奨されていなかったどころか、多くの場合は明確に禁じられていた。副業は「敵を支援する」行為とみなされていたのだ。さらにかつてあった(そして今でもある程度存在する)懸念として、企業の専有情報が漏洩する恐れがある。ギグエコノミーと業務委託が一般的になりつつある今、ギグワ ...

  • フリーランスで稼いだ金 使う前に自問すべき3つのこと

    人がフリーランスで働き始める理由には、さまざまなものがある。起業家精神にあふれる人は、自分で一からビジネスを作り上げる手段としてフリーランスを選んだのかもしれない。また、自由度と柔軟性に引かれた人もいる。フリーランスでは、自分の生活に合わせて仕事をし、引き受ける仕事を選べる可能性は高くなる。フリーラ ...

  • インスタはフリーランスでも活用可能 ビジネス拡大につなげる方法

    フリーランスとギグエコノミーはことのころ発展を遂げている。多くの企業が従業員の雇用よりも外部のプロを好むようになっていることが良い傾向であることは間違いない。同時に、フリーランスの仕事の魅力を認識し、少なくともパートタイムで本業の合間にギグ(単発や短期の仕事)を始める人が増えている。しかし、こうした ...

  • グーグル、遠隔勤務めぐる調査結果を公表 5つの重要点を紹介

    グーグルは最近、2年かけて実施した遠隔勤務に関する調査の結果を公表した。同社では会議の30%が2つ以上のタイムゾーンをまたいで行われており、遠隔勤務の調査にはうってつけの会社だ。調査結果をまとめた報告書「Working Together When We’re Not Together」に ...

  • サンフランシスコ市、顔認識技術の利用を禁止 AIの未来は?

    サンフランシスコ市は最近、地元当局による顔認証技術の利用を禁止する措置を決定した。この動きは、サンフランシスコだけに留まらないだろう。他の地方自治体も、テクノロジーにより個人のプライバシーが侵害されるジョージ・オーウェル的なリスクに対処するため、同様の規制導入を検討している。「人工知能(AI)や分析 ...

  • フリーランスと遠隔勤務者向け ストレスをためない4つのコツ

    うつ病を患っている人は現在、世界中で3億人以上いる。また6人に1人は職場で、不安や強迫性障害(OCD)、心的外傷後ストレス障害(PTSD)、うつ病といった一般的な心の病に対処しなければならない。心の病で苦しんでいる人の一部は、ストレスや燃え尽きを一部緩和する選択肢として、フリーランスや遠隔勤務を検討 ...

  • フリーランサーにおすすめ 脳を活性化するスーパーフード7選

    ストレスには、家庭の危機に対処する時など、短期的なものもある。その場合、問題が解決すれば体は通常の状態へと戻る。しかし、長期的な要因により常時存在する慢性的なストレスはどうだろう? 常に新たなギグ(単発や短期の仕事)を探し、迫り来る締め切りを抱え、家計や貯蓄の目標を達成しようと努力しているギグ労働者 ...

  • ギグ労働者は必読 仕事を依頼する側の4つの視点

    労働者と企業はさまざまな理由から、単発や短期の仕事(ギグ)を基盤とした「ギグエコノミー」を活用している。フリーランサーと企業はどちらも、タスク・ラビット(Task Rabbit)やファイバー(Fiverr)などのサイトや従来型の手段を通し、一時的な契約型の仕事が持つ自由と柔軟性を享受しているのだ。こ ...

  • フリーランサーがコミュニティに貢献する6つの方法

    フリーランスの人が自分のコミュニティに貢献すべき理由は多い。中でも一番の理由は、それが正しい行いであることだ。自分の努力だけで成功できる人はいない。プライベートでも仕事でも、人は誰しも人生のさまざまな段階で周囲に助けられている。フリーランスのスケジュールは柔軟なので、周囲に貢献するための時間が持てる ...

  • フリーランスの人脈作り 対面式がいまだに重要なわけ

    対面での接触が絶対に必要な一部の仕事を除き、フリーランスに特化した人の多くは、ほとんど、あるいは全く誰かと顔を合わせることなく仕事ができる。しかし、潜在顧客と実際に会うことには、否定できない利点がある。以下に、対面での人脈作りをすることのメリットを紹介する。・自分の声を聞いてもらえるソーシャルメディ ...

  • 地方からの人材流出、遠隔勤務が解決策に?

    米国では、地方からの優秀な人材流出が長年にわたり問題となっている。小さな町で育った子どもたちの中には、大学に進学する人も、しない人もいる。だがこうした若者たちは、大都市の華やかさにひきつけられ、より給料が高い仕事などを求めて都市部に移住する。そして、若者が生まれ育った田舎町は衰退する。私たちは今、新 ...

  • 忙しさが増すギグ労働者 仕事を管理する7つのコツ

    ピースワーク(出来高払い)とは、作った洋服の数など、製造したもの(ピース)の数で給料をもらっていた労働者を差す古い産業用語だ。この言葉は、今日のデジタルな「ギグ労働者(短期や単発の仕事をこなす労働者)」にも当てはまるかもしれない。しかし、一つ大きな違いがある。従来のピースワークでは、工場の監督者や管 ...

  • フリーランスになる前に考えるべき5つのコスト

    多くの人が、フリーランスは起業のための比較的安価な選択肢だと思っているようだ。確かにフリーランスは物理的な事務所を構えるため支出をする必要はないし、投資家を見つけることにストレスを感じているフリーランスの話を聞くこともまれだ。フリーランスは、その他の事業立ち上げに比べてほぼ必ず低コストで済むというの ...

  • 遠隔勤務で守るべき7つの暗黙のエチケット

    遠隔勤務を行えば、自分のスケジュールは自分で作成できるし、チームのリーダーや同僚、顧客とのコミュニケーションは合理化され、家族と過ごす時間も増えるなど、素晴らしいメリットがある。遠隔勤務をした方がより生産的に働ける人にとっては、生活の大きな変革要素だ。しかし私たちは、電子メールや電話、メッセージ、ビ ...

  • ギグエコノミーの労働者が直面する5つの問題

    単発や短期の仕事(ギグ)を基盤とした「ギグエコノミー」は、雇用主側だけでなく、これまでと違う働き方を求める個人によっても推進されているという事実については、驚く人もいるかもしれない。マッキンゼーの調査によれば、米国と欧州連合(EU)各国では約6400万人が、必要に迫られてではなく自らの選択で、本業に ...

  • フリーランスが活用すべき4つの受動的な収入源

    フリーランスは今や、普通の働き方になろうとしている。米非営利組織フリーランサーズ・ユニオンと米クラウドソーシング大手アップワークによる2017年の調査では、米国の労働力の36%が、少なくともパートタイムでフリーランス活動に従事していることが分かった。フリーランスで働く人の数が増えているのは明らかだが ...