Nick Kovacevich

I write about business and the legal cannabis industry.

I am the cofounder and CEO of Kush Bottles, a premier provider of packaging and ancillary items to the legal cannabis industry. We are a publicly traded company and have grown steadily since start-up. We now sell our product line throughout the United States, as well as in Canada, South America, and Europe. The company was built on the foundation of providing the highest quality products and extraordinary customer service. I am a frequent speaker at industry events and often interviewed on subjects related to raising capital, entrepreneurship, child-resistant packaging, and maintaining compliance within the complex regulatory environment that governs the legal cannabis industry.

  • 米国で大麻のウエルネス市場が急成長 規制や指針制定など課題も

    大麻から抽出されるカンナビジオール(CBD)を含むオイル製品が、新たな大麻製品の市場を開拓している。先日のアカデミー賞授賞式で、うさぎのぬいぐるみを散りばめた衣装をまとい登場したメリッサ・マッカーシーも、ハイヒールによる足の痛みを緩和するためステージに上がる前にCBDオイルを足にすり込んだと報じられ ...

  • 米スーパーボウル中継、大麻広告禁止は「時代遅れ」との見方も

    2月3日に開催されるアメリカンフットボールリーグ「NFL」の優勝決定戦、スーパーボウルのテレビ中継において、大麻関連企業のCMは放映されないことが明らかになった。先週、米CBSネットワークは大麻事業を展開するエイカーエイジ・ホールディングス(Acreage Holdings)からの、スーパーボウル中 ...

  • 大麻合法化の世界的潮流と「乗り遅れる」米国

    メキシコ連邦議会は全州での医療用・嗜好用大麻の合法化に向け、すでに提出されている法案についての議論を近く開始する予定だ。一方、米国は大麻に関してますます、時代遅れになり始めているようだ──。メキシコでは大麻の使用を違法とすることについて、最高裁判所が違憲であるとの判断を示しており、議会は使用規制に関 ...

  • カナダの大麻ビジネス、「ノーブランド戦略」が成長を阻害か

    カリフォルニアなど、大麻が合法化されている米国の州で販売店に行ったことがある人は、先ごろ嗜好(しこう)用大麻の販売を解禁したカナダの小売店で、少し不愉快な経験をしているかもしれない。小売販売が認められたカナダの州では、消費者は見えない場所に保管されている複数の種類の大麻の花穂の中から(現時点で販売さ ...

  • 大麻合法化のカナダ、社会はどう変わるのか

    大麻が合法化されたカナダでは、あらゆることが変化する。関連製品の生産、販売、所持、使用が法的に認められた同国は米国に先駆け、大きな利益を得ていくことになる。そして、その影響は米国全体に及ぶ。カナダの大麻合法化に関連してまず挙げられるのは、財政面への影響だ。嗜好用大麻の売上高は、2020年には年間およ ...

  • 米スポーツ界に広がる「勝つために必要な大麻」容認の姿勢

    米国では今年6月、3人制バスケットボールの「BIG3」が国内のプロスポーツリーグとして初めて、選手たちに痛みや炎症の緩和を目的としたカンナビジオール(CBD)の使用を許可したことを明らかにした。非精神作用物質のCBDは、大麻に含まれる化学物質のカンナビノイドの一つ。別のカンナビノイドであるテトラヒド ...