青木 優

旅から学ぶインバウンドの最前線

1989年、東京生まれ。明治大学国際日本学部卒。株式会社 MATCHA 代表取締役社長。内閣府クールジャパン・地域プロデューサー。学生時代に世界一周の旅をし、2012年ドーハ国際ブックフェアーのプロデュース業務に従事する。デジタルエージェンシーaugment5 inc.に勤めた後、独立。2014年2月より訪日外国人向け WEB メディア「MATCHA」の運営を開始。「MATCHA」は現在10言語、世界200ヶ国以上からアクセスがあり、様々な企業や県、自治体と連携し海外への情報発信を行なっている。

  • 社会実験都市・深セン探訪記 日本が学ぶべきイノベーティブな街づくり

    昨年1年間で、日本を訪れた外国人観光客が2800万人を超えた。2013年に初めて1000万人を突破して以降、4年間で2倍以上の数字を叩き出したことになる。00年の240万人と比較するとその数なんと10倍以上。観光客が急増し続けている中で、日本のインバウンド業界は、ものすごい速度で進化することが求めら ...