Contributor

Guy Martin

.

Back in the Pleistocene, at military school in the South, some of my dorm-mates and I started a mimeographed – remember mimeographs? – broadside called the Trusty Tribunal. We were pamphleteers in the 18th-century sense, with approximately the same tech, but at a military school -- M.A.S.H, basically, minus the operating rooms and the grownups. I accidentally learned German, then studied in Berlin, which drove me to cover the fall of the Berlin Wall. This determines the larger part of my political reporting year being spent in Europe to this day. Currently at work in Berlin on a book for Alfred A. Knopf Publishers about the Cold War in East Berlin, I have since reported from London, Warsaw, Prague, Istanbul, Moscow, Hong Kong, Lima, Manila, Beirut, Tel Aviv, St. Moritz, Granada, Mindanao, and from my native South for Town and Country, Garden and Gun, Conde Nast Traveler, Men’s Journal, Departures, and a host of other magazines in the States and overseas.

  • 宝石界の新星が国際手配犯に インドのダイヤ長者N・モディの没落

    まるで幼い子どものような頬と、チェシャ猫のような笑顔がトレードマークの宝石デザイナー、ニラブ・モディは、温かくもどこか人間離れした魅力を持っている。だが、最近は母国インドで起きた史上最大級の銀行詐欺事件の主犯として名指しされ、海外で逃亡生活を送っている。パンジャブ・ナショナル銀行(PNB)に対する詐 ...

  • 大人用の危険なおもちゃ? E・マスクの火炎放射器、引き渡し開始

    ロサンゼルスの宇宙開発企業スペースX本社で先週末、同社やテスラを率いるイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が手掛けた500ドル(約5万5000円)の火炎放射器の引き渡しが、ついに始まった。米国は独立記念日を来月4日に控えており、裏庭でのバーベキューや浜辺でのたき火に大惨事をもたらすのにぴったりな ...

  • 豪著名科学者が「完全な市民権」求め出国、問われる安楽死の是非

    オーストラリアは近く、最も有力な科学界の知性を失うことになる。同国のエディス・コーワン大学の名誉研究員、デービッド・ウィリアム・グドール(104歳)は自ら人生を終えることを決意。スイスのバーゼルにある専門のクリニックに向けて西部パースの自宅を後にした。著名な植物学者、生態学者であり、36巻が発行され ...