Forbes Staff

Kitty Knowles

Kitty Knowles is a Senior Features Writer at Forbes Europe

I largely write about startups and entrepreneurship (I particularly love health, education, and femtech businesses). I'm also excited by innovation in design (across art, fashion, and sustainable living), and about promoting and celebrating diversity in business. I've previously been published by tech and lifestyle at leaders like The Memo, GQ.co.uk and Time Out, and have written for a number of British newspapers.

  • テック投資拡大のロレアル、「デジタルは企業のあり方を変える」

    一定以上の世代にとって、"バーチャルメイク"はSFの世界の話だと思われるかもしれない。しかし現在、ティーン向けのブランドから「エスティ ローダー」のような高級ブランドまで、あらゆる化粧品メーカーがスマホのカメラ機能を使って様々なメイクやヘアカラーを試せるアプリを配信している。年商280億ドル(約3. ...

  • スマートホームで命を救う、英ケアテック企業が描く未来

    「創業から3カ月で誰かの命を救ったことのあるテック企業は多くないでしょう」。イギリスのケアテックカンパニー「Alcove(アルコーブ)」の共同創業者でCEOのヘレン・ボーウェイはそう語る。ある女性がバスルームで転倒したとき、彼女は意識を失い、緊急用の非常ボタンを押すことができなかった。しかし幸い、彼 ...

  • ロンドン発のフリマアプリ「Depop」を成功させた3つの哲学

    既製品の洋服を買う時代は終わった。見るのは「Poshmark」「TheRealReal」「ThredUp」といった、アメリカで成長中のフリマアプリだけでいい。しかし、世界で最も若く、最もクールで、最も起業家精神あふれる900万人の買い物客を惹きつけているのはイギリス拠点の会社だと、2016年にDep ...

  • 「物のエアビーアンドビー」と話題、Fat Lamaのビジネスモデル

    DIYをしていて電動ドリルが必要になった。でも、二度と使わないかもしれない工具に大金を出したくはない。そんな経験をしたことはないだろうか?起業家のロージー・ダラスは、2016年にロンドンの古い建物をコワーキングスペースに改装した際、その問題に直面した。「電動ドリルとタイルカッターと業務用掃除機が必要 ...

  • 3Dプリントで人身売買から女性を救う英企業、インドから世界へ

    国際労働機関(ILO)によると、世界では現在、約2490万人が「現代の奴隷」となっている。現代の奴隷制はジェンダーに関する問題でもある。人身売買の被害者の71%は、子どもを含む女性たちだからだ。3Dプリンターを使ったアクセサリーの製作を通じて女性の教育・職業訓練を行う英スタートアップ、Free-Dの ...

  • 「どこでも暮らせる」エネルギー自給型エコカプセル、日本に上陸

    「エコカプセル」は、現代に最も重要な“エネルギーに依存しない”トレーラーハウスだ。太陽光と風力による発電装置と雨水処理装置を備えており、“自給自足”が可能となっている。創業者でスロバキア出身のソナ・ポーローバは、卵のようなエコカプセルの形が特に気に入っ ...

  • 世界が感動、認知症の父と撮影した「カラオケ動画」が6千万再生

    英国のテディ・マクダーモットはかつてプロの歌手としてイギリス各地のクラブを回っていた。しかし、80歳を過ぎて認知症にかかり家に引きこもりがちになった。息子のサイモンによると、テディは認知症のせいで攻撃的な言動をとることも多かったが、英アルツハイマー協会の電話相談窓口に電話すると、機嫌がよくなったとい ...

  • 都市のスマート化目指す英企業、「発電するタイル」で世界へ躍進

    ローレンス・ケンボールクックは、人々の「歩み」で世界に電気を供給したいと考えている。彼が創業した英ペイブジェン(Pavegen)は、グーグルやコカ・コーラ、アディダスなどのインスタレーションに電力を供給してきた。現在は米政府とも協力している。「…あらゆる都市空間に数百万平方メートル分の ...