Official Columnist

辻 秀一

スポーツ心理学で紐解く心の整え方

スポーツドクター/株式会社エミネクロス代表
志は、スポーツ文化日本とご機嫌日本の創生。

1961年東京生まれ。北海道大学医学部卒業後、慶應義塾大学で内科研修を積む。その後、人の病気を治すことよりも、「本当に生きるとは」を考え、人が自分らしく心豊かに生きること、すなわちクオリティーオブライフ(QOL)のサポートを志す。スポーツにそのヒントがあると閃き、慶大スポーツ医学研究センターを経て、株式会社エミネクロスを設立。応用スポーツ心理学をベースに、個人や組織のパフォーマンスを、最適・最大化する自然体な心の状態「Flow」を生みだすための独自理論「辻メソッド」によるメンタルトレーニングを展開。するべき事を機嫌よく実行するFlow Do Itを提唱。オリンピックやプロスポーツ選手を始め、経営者、音楽家、ダンスパフォーマーなど多方面から支持を得ている。また、企業の風土改革などChief Health Officerとして活躍している。ホワイト企業大賞選考委員、鎌倉市スポーツアドバイザーなどを勤める。

サポート実績
株式会社イーオン、KDDI株式会社、株式会社ジャパネットたかた、マツダ株式会社、豊通ケミプラス株式会社、関西電力ボート部、プロ野球選手、プロゴルファー、プロテニスプレーヤー、Jリーガー、プロダンサー、音楽家など多数。

著書
37万部突破の『スラムダンク勝利学(集英社インターナショナル)』をはじめ、『自分を「ごきげん」にする方法(サンマーク出版)』『禅脳思考(フォレスト出版)』 『Play Life, Play Sports スポーツが教えてくれる人生という試合の歩み方(内外出版)』など著書他多数。

  • マツダのリーダー達が取り組む「自己着火研修」とは

    「自己着火研修」というユニークな人材育成トレーニングを行っている企業がある。広島に本社を置く、マツダだ。自己着火とは、外発的動機によってエネルギーを生み出すのではなく、内発的動機によってエネルギーを生み出すこと。つまり、つまり自分自身をセルフマネジメントすることで、いつでもどこでも自ら心に火を着けら ...

  • 「ご機嫌力」の重要性を結果で示した、長崎のプロサッカーチーム

    私は、ジャパネットたかたの企業トレーニングでお付き合いさせていただいて久しい。私が慶應病院の内科医を辞め、応用スポーツ心理学を専門にしてメンタルトレーニングを生業とすると決意し、「スラムダンク勝利学」を初めて執筆したのが20年ほど前になる。この拙書をジャパネットたかたの人事の方がお読みになり、メンタ ...

  • ビジネスのパフォーマンスを最大化する「ご機嫌力」の正体

    ビジネスでもスポーツでも求められるものは目標達成、すなわち結果である。結果はもちろん多因子かつ他因子だが、その中でも最もコントロール可能な因子こそ、個人や組織・チームのパフォーマンスそのものだ。さて、このパフォーマンスの構成要素は一体何なのか?そう問われれば、どう答えるだろう。スポーツの世界ではこう ...