Official Columnist

高橋 祥子

ゲノム解析の女性起業家が考える、私たちの未来

1988年、大阪府生まれ。2010年、京都大学農学部卒業。2013年6月東京大学大学院農学生命科学研究科博士課程在籍中に株式会社ジーンクエストを起業。2015年3月、博士課程修了。生活習慣病など疾患のリスクや体質の特徴など約300項目におよぶ遺伝子を調べ、病気や形質に関係する遺伝子をチェックできるベンチャービジネスを展開する。

  • 生命にも組織にも「多様性」と「新陳代謝」が必要な理由

    私の持論で、生命の仕組みについて学ぶと、個人の生き方や組織を作り方やにも役立ち、課題解決力も上がるというのがあります。特に経営者や企業の人事に携わる人は、みんな生命の仕組みについて学ぶといいと考えています。たとえば企業の運営においてありがちな以下のような問いも、生命の仕組みに則って考えるとわかりやす ...

  • 情熱のある人に共通する「行動と未来の捉え方」

    取材等で聞かれる「なにがきっかけで情熱が芽生えたのですか?」という問いに対して、これまで興味を抱いてきませんでしたが、ベストセラーとなったユヴァル・ノア・ハラリのサピエンス全史の続編の「Homo Deus」を読んだことがきっかけで、一度考えてみようと思いました。人類のこれまでの史を書いてきたサピエン ...

  • 葛藤する人へ 晴々しく生きる覚悟はできているか

    私がゲノム解析のベンチャーを起業してもうすぐ5年になりますが、多くの起業家がそうであるように私も多くの葛藤と遭遇しました。もともと私が起業したのは、研究成果を活かしながら事業を創り、結果的にその事業によって研究自体も加速する、というサイエンスと事業がシナジー効果を生む仕組みを創りたい純粋な想いからで ...

  • 生命を燃やすことと失うことの違い ゲノム解析研究者の問い

    鶏が先か卵が先か問題は、鶏がいないと卵が生まれないし卵がないと鶏が生まれないという、因果性のジレンマの例として使われ、私が世の中で最も危険だなと思うものの一つです。例えばビジネスにおいては、市場が大きくならないと成功事例が出ないけど成功事例がないと市場が拡大しない、とか、多くの人が買ってくれないと原 ...