Forbes Staff

Alex Konrad

アドテク、企業、ベンチャーキャピタルやニューヨークのベンチャー企業について執筆するスタッフライター

ベンチャーキャピタル、企業やニューヨークのベンチャー企業についてアドテクの要素を盛り込みつつ取り上げるスタッフライター。ミダスリスト及びベンチャーキャピタルの30 Under 30を作成。短命ながら非常に愛されたフォーブスの前ホームページ編集者。2010年から2012年までフォーチュン誌で記事を書き、その前はラジオ局WNYCでインターンとして勤務。テスト対策会社の地域マネージャーの経験もあり。ハーバード大学で中世史と考古学の学位を取得したが、テクノロジーを学べば大学生活はもっと楽しかったかも。 ツイッターのフォローは@alexrkonrad、メールはkonrad@forbes.com まで。

  • ウィーワーク帝国崩壊でNYの子会社が解散、70人が再就職へ

    昨年9月にIPO計画を撤回し、資金繰りが悪化したコワーキングスペース企業の「ウィーワーク(WeWork)」は不採算部門の売却を進めている。その最新の事例の1社がニューヨーク本拠のオフィス管理プラットホーム「Managed by Q」だ。Managed by Qは、75人以上を解雇しサンフランシスコの ...

  • モバイル動画のインフラを支える米HeadSpin、企業価値10億ドル突破

    ユーチューブやTikTokなどの動画アプリのスムーズな動作を支えているのが、「HeadSpin」と呼ばれる企業のテクノロジーだ。同社の技術は、様々なネットの接続環境で発生する、動画のフリーズや再生の遅延を防止する。HeadSpinは世間的にはほぼ無名の企業だが、先日の調達により、ユニコーンの仲間入り ...

  • 企業価値1.3兆円突破の新興クラウド企業「Snowflake」の実力

    クラウドデータウェアハウス企業「Snowflake」は、評価額が世界最大の非上場企業の1社になろうとしている。Snowflakeは、Dragoneer Investment Groupが主導するラウンドで4億7900万ドル(約530億円)を調達する見込みで、評価額は124億ドル(約1兆3700億円) ...

  • アトラシアンの強敵に浮上の業務ソフト「クラブハウス」の強み

    ソフトウェア開発のプロジェクト管理ツールでは、「アトラシアン」のJiraが大きなシェアを占め、競合は数えるほどしかいない。しかし最近、ニューヨークを拠点とするエンタープライズ向けテック企業「クラブハウス(Clubhouse)」が急速に存在感を高めている。クラブハウスは1月23日、シリーズBラウンドで ...

  • Eメールを革新する「Front」が大物起業家らに絶賛される理由

    Eメールスタートアップ「Front」は1月22日、シリーズCラウンドで5900万ドル(約65億円)を調達したと発表した。興味深いのは、このラウンドを主導したのがVCではなく、エンジェル投資家のグループであることだ。通常であれば、同社の既存株主のセコイア・キャピタルが追加出資をしてリードインベスターに ...

  • ベルリンの起業家らが語る混迷の「電動キックボード」戦線

    電動キックボードを手掛けるスタートアップは、ロンドンなど欧州の大都市で苦戦を強いられている。彼らがブレークスルーを図る上で必要なのは、結束して話し合うことかもしれない。「一部の都市では行政との対話が不足している。1社ではなく複数の企業が団結し、行政と話し合いの場を持つことが必要だ」とベルリン本拠の「 ...

  • マーク・アンドリーセンが語る、「炎上型VC」からの変身

    イメージは「非常識でいけ好かない炎上系」──しかし、2年ぶりとなる本格取材で語られたのは、もはやベンチャーキャピタル(VC)ですらない、新生アンドリーセン・ホロウィッツの姿だった。2009年、マーク・アンドリーセンとベン・ホロウィッツが出資者に約束したのは「妄想狂の起業家を見つける」ことだった。野心 ...

  • プロ品質のサイト制作を爆速化する「Webflow」が76億円調達

    ウェブサイト制作サービス「Webflow」のCEO、Vlad Magdalinは長年、全社会議の前に社員宛てに手書きのレターを配布することを習慣としてきた。しかし、今年は120人分を書いたところで手を止めた。「社員の数が増え、全員分を手書きするのは無理だ。新しい方法を考えなくてはならない時期がきた」 ...

  • イスラエルで新ユニコーン誕生、業務管理ツールの「Monday.com」

    イスラエルから新たなユニコーン企業が誕生した。ビジネス管理ツールを提供する「Monday.com」だ。テルアビブ本拠の同社は7月30日、Sapphire Ventures が主導した1億5000万ドル(約163億円)のシリーズD資金調達の完了を宣言した。Monday.comの評価額は、約1年前の資金 ...

  • ビデオ会議「Zoom」上場で新ビリオネア誕生、資産額は3700億円

    企業向けビデオ会議サービスを手がける「Zoom」が4月18日、米ナスダック市場に上場した。株価は上昇し、創業者のEric Yuanはクラウドコンピューティング分野の新たなビリオネアになった。Zoomは4月17日に公開価格を36ドルにするとアナウンスしたが、18日の市場ではそれを大幅に上回る65ドルの ...

  • 孫正義が「物流の未来」を託す32億ドル企業、Flexportを創った男

    サンフランシスコに本拠の物流フォワーダー企業「Flexport」は、自社でジャンボジェットを保有し、11ヶ所のオフィスと4ヶ所の倉庫には1066名の社員が勤務している。CEOのRyan Petersenは、「この市場は人類と同じくらい歴史が古い」と話す。同社は2月21日、ソフトバンクのビジョンファン ...

  • 通信ネットワークを根底から変える、イスラエル企業「DriveNets」

    イスラエル人起業家のIdo Susanは、仲間と創業したモバイルスタートアップ「Intucell」をシスコに4億7500万ドル(約526億円)で売却し、大金を手に入れた。それから6年が経ち、Susanが新たに設立した「DriveNets」は評価額でIntucellを既に上回った。同社は、将来シスコの ...

  • シリコンバレーの新ファンドInflectionが狙うスタートアップ業界の隙間

    ベンチャーキャピタル(VC)業界では、レイトステージのスタートアップへの投資を現在、ソフトバンクのビジョンファンドのような巨大ファンドが独占している。そんな中、「Menlo Ventures」は大手ファンドよりも先に有望なスタートアップを発掘することで対抗しようとしている。同社は2月20日、5億ドル ...

  • Yコンビネータ主催の120名限定イベント、4月にコロラドで開催

    世界で最も有名なスタートアップアクセラレータとして知られる「Yコンビネータ」が、120名限定のネットワーキングイベントを、3日間の日程で開催する。「YC 120」と呼ばれるこのカンファレンスは、厳しい審査を勝ち抜いた100名の起業家と、20名の業界のプロフェッショナルを対象としたもので、4月26日か ...

  • ビッグデータ処理界のユニコーン、Confluentが企業価値25億ドルに

    シリコンバレーを代表するユニコーンの1つである「Confluent」は、エンタープライズ向けオープンソースソフトウェアとして、かつてないスピードで成長している。Confluentは、データマネジメントの中でイベントストリーミングと呼ばれる領域を手掛けている。同社は1月23日、セコイア・キャピタルが主 ...

  • Slackがスポティファイに続き「直接上場」でIPOを計画中の理由

    今年IPOを予定している「スラック(Slack)」は、スポティファイに続いて直接上場(ダイレクト・リスティング)を計画している。実現すれば、同じく年内にIPOを計画しているテック系スタートアップの創業者らの関心を引くことは間違いないだろう。ウォールストリート・ジャーナルは先週、スラックが早ければ今年 ...

  • 「カスタマーサクセス」を革新する画期的ソフトMetaCXの実力

    セールスフォースは、2013年にマーケティングソフトウェアを手掛ける「ExactTarget」を25億ドルで買収した。それから5年が経ち、ExactTargetの元経営幹部らが、新たなマーケティングサービスを立ち上げた。セールスフォースで「Marketing Cloud」の責任者を務めたScott ...

  • メアリー・ミーカーが認めたフィンテックの新星「Plaid」の実力

    金融サービスのインフラを手がけるフィンテック企業「Plaid」が2億5000万ドルの資金調達を実施した。Plaidのシステムは大手銀行や、米国の仮想通貨取引所コインベース、個人間送金のVenmoなどでも利用されている。今回のディールは、インターネット業界の著名アナリストで、名門ベンチャーキャピタルK ...

  • 独SAP、上場目前のクラウド系ユニコーン「クアルトリクス」買収

    米国のユタ州本拠のクラウド業界のユニコーン「クアルトリクス(Qualtrics)」のIPOに熱い視線が注がれる中、土壇場になってドイツのIT大手SAPが同社を買収した。SAPは11月11日、クアルトリクスを現金80億ドル(約9100億円)で買収したと発表した。SAPはこのディールのために70億ユーロ ...

  • 「受付を無人化」するスタートアップ企業、Envoyが50億円調達

    受付システムを手掛けるスタートアップ「Envoy」の創業者Larry Gadeaは、オイルスプレーメーカーの「WD-40」が顧客であることを知り、事業が軌道に乗ったことを実感したという。iPadを使った受付システムのEnvoyは、数年前からAsanaやウーバーなど、ベイエリアのテック企業の多くが採用 ...