ビジネス

2024.06.10 16:47

「頂く」と「いただく」の違いとは?正しい使い方と例文を徹底解説

「頂く」の意味と使い方

「頂く(いただく)」は、物を受け取る、食べる、飲むの謙譲語です。例えば、「プレゼントを頂きました」や「ご馳走を頂きます」のように使用します。この表現は、自分の行動をへりくだり、相手を立てるために使われ、上司や取引先など、目上の人に対しても問題なく使用できます。


「いただく」の意味と使い方

「いただく」は、漢字の「頂く」と同様に謙譲語ですが、補助動詞として「〜してもらう」という意味でも使われます。例えば、「手伝っていただけますか」「ご指導いただきありがとうございます」のように使用します。この表現は、相手の動作を敬う意味合いが強く、お願いや感謝の表現として使われます。

「頂く」と「いただく」の使い分け

漢字表記「頂く」の使い方と例文

「頂く」は物を受け取る際に使われます。

例文:

  • 「先日、取引先から新商品のサンプルを頂きました。」
  • 「プレゼントを頂きまして、ありがとうございます。」
  • 「会議の資料を頂きました。」

ひらがな表記「いただく」の使い方と例文

「いただく」は相手に何かをしてもらう際に使われます。

例文:

  • 「ご協力いただき、ありがとうございます。」
  • 「この問題についてご意見をいただけますか。」
  • 「お手数をおかけしますが、確認していただけますでしょうか。」

「頂く」と「戴く」の違い

「頂く」の意味と使い方

「頂く」は物を受け取ることを意味し、飲食に関しても使われます。謙譲語として、上司や取引先へのメールや会話で頻繁に使われます。

「戴く」の意味と使い方

「戴く」は「頂く」と同じ意味を持ちますが、より高い位の人から何かをもらうニュアンスが強い表現です。例えば、表彰状や称号をもらう際に使われます。

例文:

  • 「社長から表彰状を戴きました。」
  • 「ご高名な先生から直接指導を戴くことができました。」

「頂く」を使用する際の注意点

「頂く」は謙譲語であり、尊敬語として誤って使用されることがあります。例えば、「お客様に頂いてください」は誤用であり、「お受け取りください」が正しい表現です。尊敬語と謙譲語を混同しないよう注意しましょう。

「頂く」の類語・言い換え表現

「頂戴する」の使い方

「頂戴する」は、物を受け取る際に使う謙譲語です。丁寧な表現として使われます。

例文:

  • 「資料を頂戴いたします。」
  • 「お時間を頂戴できれば幸いです。」

「賜る」の使い方

「賜る(たまわる)」は、目上の人から恩恵や物をもらう際に使う謙譲語です。

例文:

  • 「ご高配を賜り、感謝申し上げます。」
  • 「貴重なご意見を賜りました。」

「拝受」の使い方

「拝受(はいじゅ)」は、へりくだりながら物を受け取ることを意味します。メールや書類の受領時に使われます。

例文:

  • 「メールを拝受いたしました。」
  • 「資料を確かに拝受いたしました。」

まとめ

「頂く」と「いただく」は同じ読み方ですが、漢字表記とひらがな表記で意味や使い方が異なります。正しい言葉遣いを身につけることで、ビジネスシーンでのコミュニケーションが円滑になります。それぞれの意味と使い方を理解し、適切な場面で使い分けるように心がけましょう。

ForbesBrandVoice

人気記事