Forbes JAPAN Webサイトリニューアルに伴い、パスワードの再設定をお願いします

マスク「Twitterの動画クリエイターにYouTubeより10%高い報酬払う」

  • twitter
  • facebook
  • LINE

Getty Images

イーロン・マスクは、Twitter(ツイッター)から収益を上げる方法について、無尽蔵のアイデアを持っている。その中で最も有名なのはもちろん、8ドルで提供する新しいTwitter Blue(ツイッターブルー)認証システムだが、最初の数日間で大混乱を引き起こし、すでに「一時停止」状態だ。

しかし、マスクをどれだけ信用するかにもよるが、実際に意味を持ちうるアイデアが1つある。それは、このゴタゴタが終わったときに、Twitterが生き残れるかどうかを左右するアイデアだ。

問題は、Twitterはこれまでクリエイターエコノミーに近いものを生み出してこなかったということだ。これまでTwitterは、YouTube(ユーチューブ)やTwitch(ツイッチ)のように、それらのプラットフォームでのコンテンツ制作を生業としている多くのパワーユーザーに、報酬を支払っていないのだ。マスクのいう 「検証料として8ドルを支払う」クリエイターへの課金が、この動きとは正反対だったとしても、マスクはプラットフォームにコンテンツを投稿する人に対して支払いを行うという考えは取り入れたいようだ。

Twitterを買収後、彼が最も早く世間に投げかけた質問の1つが、YouTubeがクリエイターに支払う報酬(現在収益の45%)の件についてだった。その際、マスクは「その金額には勝つ」と発言し、その後の混乱の中でもその考えは消えていない。先日の談話でも、より具体的にこの話が持ち上がった。

そのときマスクは「YouTubeでイケてるコンテンツクリエーターを集めて、『ねえ、キミのコンテンツをTwitterに投稿することを考えてみてくれないかな、YouTubeより10%多く支払うからさ』と言ったらどうなかと思ってるんだ」と語っていた。

YouTube
ロンドンのYouTubeスタジオ(画像:Getty Images)
次ページ > 今後、広告主はいくら支払うことになるのだろうか

編集部が選ぶおすすめ記事

翻訳=酒匂寛

タグ:

ForbesBrandVoice

人気記事