Close RECOMMEND

I write about how bitcoin, crypto, and fintech are changing the world.

イーサリアムの価格は昨年の同時期に比べて約1000%も上昇した(Yuriko Nakao/Getty Images)

ビットコインに次ぐ規模の暗号通貨であるイーサリアムが、ネットワーク上のデイリーアクティブアドレス数で初めてビットコインを追い抜いた。

一方で、Bitinfochartsのデータによると、ビットコインのアクティブアドレス数は、過去3カ月間で38%減少しており、これはビットコインとって弱気のサインと見られている。

【関連】イーサの価値はビットコインを超える、ゴールドマンが予測
 
待望のアップグレードが開始され、銀行が分散型金融(DeFi)の実験を始めたことで、イーサリアムの価格は昨年の同時期に比べて約1000%上昇し、過去12カ月間のパフォーマンスはビットコインを上回っている。銀行は、イーサリアムのブロックチェーン上のDeFiの仕組みで、融資や保険などのプロダクトを運用しようとしている。

一方、NFTブームにより、あらゆる種類のデジタルコンテンツがイーサリアムのブロックチェーンを介して販売されており、イーサリアムの需要はさらに高まっている。暗号資産ファンドTwo Primeの投資責任者は先月、イーサリアムがいずれビットコインを凌駕するだろうと述べた。

DeFiブームは、カルダノやバイナンスのBNB、ポルカドット、ソラナなどのイーサリアムの競合の価格を数千パーセントも押し上げている。その一方で、イーサリアムのコンセンサスアルゴリズムは、ビットコインが用いるプルーフ・オブ・ワーク(PoW)から、よりエネルギー効率の高いプルーフ・オブ・ステーク(PoS)に移行を開始した。

JPモルガンは先日のレポートで、イーサリアムのPoSへの移行は、暗号通貨の普及に拍車をかけ、2025年までに400億ドル相当の価値を生み出すことにつながると予測した。

PoSを用いたイーサリアムのマイニングでは、マイナーが最低32イーサを保有してステーキング(掛け金として拠出すること)を行えば、年利数%程度の報酬を受けとる事ができるとされている。ステーキングは、投資家らに新たな利益をもたらすことになる、とJPモルガンのアナリストは述べていた。

編集=上田裕資

仮想通貨

PICK UP

あなたにおすすめ