Deputy editor for Industry; eyes on the skies

shutter stock

カリフォルニア州に本拠を置く電動エアタクシーメーカー「Archer Aviation(アーチャー・アビエーション)」が、SPAC(特別買収目的会社)との合併を通じ上場することが明らかになった。同社は、ステルスモードを脱してから1年未満の企業で、空飛ぶタクシーの開発途中にあるが、ユナイテッド航空らから10億ドル分、最大200機のエアタクシーを受注している。ユナイテッド航空にとっては、アーバン・エア・モビリティ(都市航空交通)への進出に向けた第一歩となる。

Archerは2月10日、SPACの「Atlas Crest Investment Corp.」との合併に合意したことを明らかにした。投資銀行家のKen Moelisが率いるAtlasは、IPOで5億ドルを調達している。Archerは、ユナイテッド航空などを割当先とするPIPEs(私募増資)取引による6億ドルを含め、総額11億ドルを調達する予定だ。ユナイテッド航空の出資額は明らかになっていない。Archerはニューヨーク証券取引所に上場し、時価総額は38億ドル(約4000億円)に達する見込みだ。

都市部での輸送を目的とするeVTOL(電動垂直離着陸機)を量産するには、厳しい安全基準をクリアして認証を取得し、さらに数千台規模の生産体制を構築するのに数十億ドルの資金が必要になる。このため、Archer以外にも、SPAC上場を目指すスタートアップは多いと見られ、LiliumやJoby Aviation、Volocopterなどの企業もSPACとの合併を模索しているとされる。

ユナイテッド航空からの受注は、スタートアップのArcherにとっては大きな栄誉だ。ユナイテッド航空は、eVTOLが同社の要求水準を満たすことを発注の条件に挙げている。同社は、ローカル路線の運航パートナーであるメサ航空と共にeVTOLを購入する予定だ。ユナイテッド航空が手付金を支払っているかは不明だが、同社は5億ドル相当の航空機を追加購入するオプションを保有している。

ユナイテッド航空は、空の旅におけるCO2排出量の削減を実現するテクノロジーを積極的に採用する方針で、今回のArcherとの取引きもその一環だとしている。同社は、ハブ空港への顧客の輸送や、運行する都市部周辺での輸送にエアタクシーを使用する予定だという。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ