I am your guru for cybersecurity/fintech/Bitcoin SEC/CFTC/FTC/OCC.

Photographee.eu/Shutterstock.com

米上院の高齢化に関する特別委員会は先日、遺伝は運命ではないということを告げられた。

アルツハイマー病ゲノム・プロジェクト(Alzheimer’s Genome Project Director)のディレクターであるルドルフ・タンジは委員会に対し「家族の病歴や個人の遺伝的特徴にかかわらず非常に大部分のケースで、生活様式と行動の変化により脳の健康を保全・促進し、アルツハイマー病だけでなく心臓病や糖尿病、がんなど加齢に伴う病気を予防することができる可能性について米国民に認知させるべきだ」と主張した。

ハーバード医学大学院で神経学の教授を務め、『Super Genes(スーパー遺伝子)』や『The Healing Self(癒える自分)』を執筆したベストセラー作家でもあるタンジは、アルツハイマー病を患う遺伝子学的リスクがある人のうち95%以上が、健康的な生活を送ることで病気を数年、あるいは数十年単位で遅らせることができるという仮説を立てている。ただ、この点を確実に明らかにするには臨床実験が必要だ。

タンジは、認知症を避ける方法として「SHIELD」と呼ぶ生活様式を提案している。

「S」はSleep(睡眠)で、アルツハイマー病の原因を除去するのに役立つ7~8時間の睡眠を指す。

「H」はHandling stress(ストレスへの対処)で、瞑想(めいそう)の実践などを指す。

「I」は友人とのInteraction(交流)だ。孤独により、アルツハイマー病のリスクは倍になる。

「E」はExercise(運動)で、アルツハイマー病で影響を受ける脳の部位を強化するため新たな神経細胞の成長を促すものだ。

「L」はLearning(新たなものの学習)で、記憶を保管している神経細胞をつなげる脳内のシナプスの数を増やすものだ。シナプスの喪失は、認知症のレベルと最も相関している。より多くのシナプスを作れば作るほど、より多くのシナプスを喪失しても問題にならない。

「D」はDiet(食生活)だ。脳にとって最善の食生活は、赤身肉を最低限に抑え、腸内細菌を強化してくれる食物繊維を果物や野菜から豊富に取る地中海式の食事だ。また、健康的な腸内微生物叢(びせいぶつそう)はこれまで、脳の神経細胞を破壊する最大の要因である脳の神経炎症を緩和することが示されてきた。

アルツハイマー病で米国が破綻するとの予言も

米上院高齢化に関する特別委員会のスーザン・コリンズ委員長(メーン州)とタンジはどちらも、高齢者が身体的・社会的・認知的な活動を続けることを含めて健康的な生活を送れば、より長い間働くことができ、医療費も削減され、個人の家計面で大きなメリットが得られると語った。

2人はまた、家族側でも家計の面で効果があるかもしれないと補足した。高齢者の家族は、予防できたはずの慢性病を抱える家族の介護のため、仕事を休む必要がなくなるためだ。またタンジとコリンズは、アルツハイマー病が米経済を脅かすものだと警鐘を鳴らした。

タンジは「アルツハイマー病が米国にもたらす負担は年間3000億ドル(約33兆円)に近づいている。米国人の寿命が80歳近くになる中、アルツハイマー病が急速に広まっている。いつの日か、アルツハイマー病がそれだけで米国の医療システムを崩壊させてしまうかもしれない」と警告した。

またスーザン・コリンズ委員長は、現在の状況が続けばアルツハイマー病により米国が破綻すると予測した。

翻訳・編集=出田静

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい